活動にふさわしい季節を逃さないようにしましょう - 各種の人材育成 - 専門家プロファイル

株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役
研修講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
長谷川 進
長谷川 進
(経営コンサルタント)
松下 雅憲
(店長育成・販売促進ナビゲーター)
小笠原 隆夫
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2017年06月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

活動にふさわしい季節を逃さないようにしましょう

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 各種の人材育成
プロとして生きる! キャリアを磨こう



もし仮に・・・
冬が厳しすぎて、春に桜が咲かなかったらどうでしょう。

現実に・・・
あかしあ(ニセあかしあ)は、春の初めに急に寒が戻ると、その後3年ほどは花が開きません。

花は、気温と天候によって、花開けるかどうか左右されますが、それは、仕事にも

言えるのではないでしょうか?

どんな仕事でも、活躍できる季節と、忍苦の季節がある。

活躍できる季節は、面白いほど、チャンスに恵まれ、実績を重ねることができ、

しかも、余力があるので、新たな学習をしたり、

これまで経験できなかったことを経験しようと、

行動範囲も広がります。

一方、忍苦の季節では、活躍できるときと何ら変化を起していないにも関わらず、

結果として活躍できないように「何か」に躓きます。

それは、慢心であったりする場合もありますが、もっと大きな他からの影響であることも

多いのではないでしょうか?

しかし、わたしは思います。

誰にも、どんな者にでも、逆境に陥るもの。

その逆境から何を学ぶかによって、次の活躍期のチャンスが影響を受けるものであると。

それならば、忍苦の時は、活動できる季節に備える準備期間。

志や使命を忘れず、技を磨き、智慧を蓄える。

それが、忍苦の季節にすべきことを知れば、春、花が開くのを見て、涙するほど感動することが

できる人、つまり、十分に活躍できる人になるのではないかと思います。

この頃、最善を尽くす前に「あきらめてしまう」人が多いように思います。

あきらめることをあきらめられるくらい、努力や工夫、チャレンジしてみたら。

きっと、次の花は、思わぬほど美しく、大きくなることでしょう。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(研修講師)
株式会社オフィス・ウィズ 代表取締役

実践型研修で、結果が即・行動に現れます

ビジネススキルに不可欠なコミュニケーション力。ますます重要な「聴く力」「話す力」「論理的に考える力」を高める研修はじめ、企業研修の内製化のコンサルティング、人事政策のアドバイスなど、人事に関する総合的なご支援をしています。

カテゴリ 「プロとして生きる! キャリアを磨こう」のコラム

過去の自分に再挑戦!!(2017/06/13 11:06)

自然の力から学ぶこと(2017/05/22 10:05)

このコラムに類似したコラム

一輪 竹内 和美 - 研修講師(2013/12/08 08:55)

相手軸に立つとは「自分を客観視する」ことでもあるのです 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2013/08/18 06:12)

う~んと背伸びして 竹内 和美 - 研修講師(2013/08/03 17:05)

特性ドリンクで パワーチャージです! 竹内 和美 - 研修講師(2013/07/09 22:40)

ダイエットグッズが最初に目につく季節です! 竹内 和美 - 研修講師(2013/06/27 12:50)