位置づけマップ - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

位置づけマップ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

日頃のメディア対応時に、”位置づけマップ”を活用していますか?


これは自社の強みや業界内での位置づけを理解頂くために非常に有効なツールです。新規の記者の方への説明、理解促進に効果を発揮する他、これまでお付き合いのあった記者でもほんの部分的にしか理解されておらず、会社としての強みや業界での位置づけなどまで理解されているとは限りません。


その際に、位置づけマップを作成しておくと、自社の強みを理解頂くだけのみならず、競合他社の状況も併記できることから情報に信憑性が付加され効果的です。


そこで大事なのは、”なにを軸にするのか”ということ。お決まりの売上高や経常利益などであれば、マップに示す前に勝負がついているというのが殆どだろうと思います。この場合のマップ作りは自社の強みを浮き立たせ、かつ位置づけを明確にする、そして信憑性のある情報発信ですので、勝てる情報をだすことが必須です。


会社全体でなく、特長ある新商品、特長ある取り組みで比較することが重要です。


幾ら特長があっても比較するものが無ければ浮き立たず、また自社の情報だけでは信憑性もありません。


日頃は口頭だけで説明されていることも少なくなく、やはり視覚でも理解頂くためにも是非マップ作りをしてみては如何でしょうか?



クリックをお願いします!















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

2012年ヒット商品ベスト30 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/11/02 08:59)

付属資料の重要性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/10/09 09:29)

会社は好きですか? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/07/02 09:27)

社内報がなぜ読まれないのか 豊田 健一 - 広報コンサルタント(2012/03/31 22:30)

想定Q&Aはリリースと同時作成が基本 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2012/03/05 10:36)