価値観の押し付け~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2017年10月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

価値観の押し付け~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

*   *   *   *   *   *





モラハラ夫は、残念ながら他者が

自分とは違う価値観を持つ事を

認められない傾向があります。




特にモラハラ夫にとって「ウチ」の人間にあたる

妻や子どもに対する価値観の押し付けは

激しいです。




自分の考えや自分の実家のやり方だけが

正しいと思い込んでいる所があり、


妻や子どもがそれとは違う方法を取ろうとすると


「非常識な奴だ!」


「やっぱりお前の実家は常識が無い!」


等と批判し始めます。



ただしその批判は、単に

育った環境の違いや風習の違いだったりで、

取り立てて、怒鳴って批判する様なことでは

無い事がほとんどです。





また、夫が何か意見を言ったり話しかけたり

された時、


妻や子どもが自分の思ったのとは違う意見を

言おうものなら、突然キレたりします。



なので、

普通なら大切にされるべき家族の会話が


モラハラ夫がいる家庭では、夫が何かを話すたびに

緊張感がほとばしる様になってしまいます。




そもそも、自分の思ったとおりの意見しか

受け入れられないのであれば、

他者と会話などできません。



ですがモラハラ夫は妻子に対して


「自分の思い通りの受け答え」


を求め、無言のうちに強要し、

それが出来ないと理不尽に攻め立てたり

罵倒したりします。




日々行われる価値観の押し付けは、

他の家族を疲れさせます。





モラハラ夫を持つ妻は、


単に、安心して楽しく会話したいだけなのですから。







*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成に
ついてご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メール:info@yotsuba-houmu.com
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

自分だけが正しい~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/21 13:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)