自分だけが正しい~モラルハラスメント - 夫婦問題全般 - 専門家プロファイル

佐藤 千恵
行政書士東京よつ葉法務オフィス 
東京都
離婚アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:夫婦問題

高草木 陽光
高草木 陽光
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)
小林 美智子
(夫婦問題カウンセラー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分だけが正しい~モラルハラスメント

- good

モラルハラスメント ブログから

*   *   *   *   *   *
モラルハラスメント被害 
女性の離婚専門板橋区の女性行政書士 
東京よつ葉法務オフィス
モラハラ行政書士のちえぼぅです

*   *   *   *   *   *





モラハラ夫は、あらゆる手段を使って

自己を正当化します。




常に自分が正しくて、


妻が少しでも自分と違う意見を言った時は、

一方的に妻が間違っている事になります。




一般的な意見や正論であっても、それが

モラハラ夫の意見と異なる事であれば


「そんな事を言うお前(妻)はおかしい」

「お前(妻)は間違っている」


となります。






妻がきちんと第三者などに確認した上で

間違い無い方法や理論を説明しても、

全く聞く耳を持ちません。





ある時には妻に対し


「お前はおかしいから病院へ行け」


等と言っておきながら、

いざ妻が病院へ行って


「医者から私には特に問題無いと言われた。

ストレスや不適応の原因は夫ではないかと言われた。」


と伝えると、

今度は


「その医者がおかしい。もう病院には行くな。」


と、意見を変えます。



専門家である医者すら、

自分に都合の悪い意見を言う人間は間違っていると

いうことなのでしょう。




自分に都合の悪い意見を言う専門家や、

正しい事を妻に教える人間からは妻を引き離そうとしますから。





どうしても自分(モラハラ夫)が敵わない、

社会的地位や権威のある人から間違いを指摘された

モラハラ夫は、


今度は全く別次元の話や大昔の話を持ち出して


「俺が言いたかったのはそういう事ではない。

誤解した相手が悪いのであって、俺は間違っていない。」


と、

苦しいこじつけをしてまでも自己を正当化します。






常に自分が正しい。



自分に都合の悪い意見や自分と異なる意見は、

たとえ正しかったり信頼のおける意見であっても、全否定。



それでも妻が納得しない時は、

激しくキレて話の本質をごまかし、恐怖で妻を従える。





残念ながら、これがモラハラ夫のいる家庭では

たびたび起こる出来事なのです。




モラハラ夫の自己正当化は、甚だしいものがありますから。









今日も最後まで読んで下さりありがとうございました。





*   *   *   *   *   *
東京よつ葉法務オフィスでは、女性の離婚、
子連れ離婚、離婚協議書や内容証明の作成

モラルハラスメントのご相談を受付けています。

初回相談は30分無料ですのでどうぞご利用下さい
東京よつ葉法務オフィス
離婚支援センター

電話:03-3579-8577
メールinfo@yotsuba-houmu.com

◆営業時間◆

平日 9:30~19:00

土日祝日は定休日です

ご相談は事前予約制です

時間外の業務についてはご相談ください
*   *   *   *   *   *

このコラムに類似したコラム

一年を振り返って 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/30 10:06)

心を真っ直ぐに見つめる~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/27 10:06)

疲れた時は。。。♪ 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/23 10:06)

怒りの表現方法が尋常ではない~モラルハラスメント 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/20 09:06)

ヨイトマケの唄 佐藤 千恵 - 離婚アドバイザー(2012/12/19 09:06)