自社の強みの説明法 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

豊田 健一
豊田 健一
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
豊田 健一
(広報コンサルタント)
中村 英俊
(広報コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自社の強みの説明法

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

自社の強みなどを日頃どの様に説明していますか?


またそれらの説明で理解を得られていますか?


自社の強みなどを説明してもなかなか伝わらない場合の多くは、”自社のことしか説明していない”ということが言えるだろうと思います。


加えて言うと、数値などを示して”具体的に”説明していないことも挙げられます。数値などは言えない場合もありますが、具体的でなければ雰囲気だけ凄さは伝わったとしても記事としてか書かれることは無い場合が少なくありません。どれだけ凄いことなのかが解らないし、伝えられないから当然と言えます。


さて自社の説明しかしない場合、やはり問題なのは”信憑性がない”、”位置づけが解らない”ことが問題となってきます。説明の仕方によっては単なる自己満足であったり、本当なのかという疑問を抱かれたりしているのが実情かと思います。


それを避けるために、効果的に説明するためには、”業界マップ”などの位置づけマップが必要です。


強みや特徴などを言いたい場合に、他はどうなのか、メリットだけではなくデメリットなどはどうなのかという説明なしには相手には伝わりません。加えて業界の課題や消費者からの要望などの外部要因を加えることにより、より社会性も上げる説明も出来ると言えます。


伝えたいことが思うように伝えられていないと思われているようでしたら、一度頭の整理を行い、マップ作りをしてみては如何でしょうか?


クリックをお願いします!















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

発信者は柔軟な頭を! 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/02/13 12:36)

広告でこんな間違いしてませんか? 黒澤 森仁 - 組織と仕組みをつくる専門家(2013/12/06 22:09)

リーディングカンパニー? 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/19 11:32)

方針よりも大事なこと 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/29 11:04)

広報マン自身の広報を 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/08/19 09:17)