【最強ビジネスモデル】5W1Hへのご質問ありがとうございま… - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最強ビジネスモデル】5W1Hへのご質問ありがとうございま…

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般
 【最強ビジネスモデル】  2012.04.03 No.0347
===========================
■今日のテーマ
 5W1Hへのご質問ありがとうございます。
---------------------------

先週のメルマガ
マイナス思考で備え、
プラスの力を発揮する6つのステップ。
にSさんよりお返事を頂きました。

 23日の配信を読んだ際にも、
 「これは使える!ただ、補足説明が必要」
 と思ったのですが、
 今回の内容でしたら、
 「補足説明なしに、そのまま使える!」
 と思いました。

 欲を言えば、「トヨタ式5W1H」について、
 「Why」を5回繰り返すときのポイントを
 ご教授いただけると幸いです。

 ものごとの本質、真の原因を突き止めるための
 「深堀作業」は慣れない人には難しく、
 慣れない人に対し、深堀作業のポイントを
 教授できれば、と思っているのです。

Sさん、
ありがとうございます。

早速、今日はその事について考えてみます。
トヨタ式ではなく、あくまで星式ですが・・・。

「Why」を5回繰り返すときなど、
深堀作業のポイントは、
3つあると、私は考えています。

1つ目。

まさに日頃の経験と知識の量ではないかと思います。

一見、その仕事とは全く関係のない
体験や知識の引き出しでも
それが多ければ多い程
Whyの時に、発想が広がり・・・
こう、シナプスがピピピッとつながる感覚が
増えるように私は思います。

なので、まずは
このためのノウハウは・・・など
直結する勉強も、もちろん大事なのですが、
興味のあること、
純粋な好奇心で探求できる自分の世界を
見つけることは、
Whyの掘り下げにおいても、
また、人生の豊かさにとっても
大切なのだと、この問いのおかげで
あらためて感じました。

二つ目。

枠の外から眺めること。

ミクロとマクロの視点を
私は常に意識するようにしています。

掘り下げる作業って
ついミクロ視点になりがちなので
あえて、その枠から出て
外から自分に問う。

するとやはり発想が広がり
思いがけない着地点に到着することがあります。

3つ目。

考えるだけ考え抜いたら
リラックスする事です。

私は、「これ以上無理」と自分が思う程
考えたあとは

(考えるとは、私の場合は
 1冊分以上ノートにどんどん書き出すこと)

散歩に出かけたり
夜であれば、寝てしまいます。

すると
全然関係ない事をしている時に
ふっと「あ、そうだ!あれは・・・」
とブレークスルーしたり

明け方、ふと目がさめて
猛烈にアイデアをノートに書き込んで
また眠り、朝起きると
ミミズの這ったような文字で
いいアイデアが書いてあったりします。

「Why」
「How」

と自分に問えば
その答えを頭は自動的に考えようとするので
ひたすら問えばいいのですが
その時のポイントは以上の3点を意識すること
だと、私は思いました。

そしてこれらのポイントを実行する際に
大切なのがアンコントロールなところに
答えを求めないことだと思います。

例えば、
売り上げが落ちたのはなぜ?
  ↓
景気が悪くなったから。
では、景気が悪くなったのはなぜ?
  ↓
政治が悪いから。
では、政治が悪いのはなぜ?
  ↓
政治家が無能だから。
  ・
  ・
  ・
というような展開になっては問題解決が
他人任せになってしまいますから。

ですから、自分の責任範囲の中で
3つのポイントを活用してみてください。

そうするとその後、誰かとディスカッションする中で
面白いブレークスルーが起こったりもします。

他にもいいポイントがあれば
ぜひシェアしてくださると嬉しいです。
このメルマガでご紹介していこうと思います。

___________________________
■今日のまとめ

・深堀作業の3つのポイント。

1.純粋な好奇心で探求できる自分の世界を持つ。

2.ミクロとマクロの視点を意識する。

3.とことん考え尽くしたらリラックスする。

---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最強ビジネスモデル】栗山米菓から学ぶ戦略。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2012/02/02 22:13)

【最幸ビジネスモデル】存在。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/13 11:18)

【最幸ビジネスモデル】行動すると気付けるんだなぁ。しみじみ。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/12/09 07:40)

【最幸ビジネスモデル】季節があるようにタイミングもある。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/25 10:25)

【最幸ビジネスモデル】子どもは何でもお見通し。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/10/24 10:04)