思ったほど良くなかったと認めるのもいい。 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

思ったほど良くなかったと認めるのもいい。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
自社の商品に自信を持つことは必要なことです。


自信のない商品を売ることができる営業は滅多にいません。


しかし、思ったほど良くなかったなら、客観的な裏付けを持って、社内に認めさせるのも、営業の重要な仕事です。


今、政治を筆頭に、責任を持たない社会が問題になっています。


民間企業でも同様なことが起きています。


開発は、売れないのは営業のせい。


営業は、売れないのは商品のせい。


これでは売れるはずがありません。


会社の全構成員が会社の業績を伸ばすために問題を共有しなければ伸びるはずがありません。


誰の責任かではなく、全員の責任です。


思ったほど良くなかったなら、素直に認めましょう。



iPhoneからの投稿
 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

業績を圧倒的に上げる仕掛けと仕組みとは? 黒澤 森仁 - 組織と仕組みをつくる専門家(2013/12/09 15:13)

儲かるとは、人が他の人に言うこと 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/06/02 07:33)

営業も直感! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/04/05 16:00)

営業成績を上げるには、確率から行動を考えよう! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/03/15 23:31)