住宅ローンの審査は厳しくなる傾向 その3 - 住宅資金・住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

アネシスプランニング株式会社 代表取締役
東京都
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

柴垣 和哉
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
三島木 英雄
(ファイナンシャルプランナー)
平野 直子
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの審査は厳しくなる傾向 その3

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅資金・住宅ローン全般

住宅ローンの中でも比較的借りやすいと言われるフラット35。

しかしながら、最近では審査がきびしいと聞いています。




フラット35はいろいろな金融機関で申込みを受付していますが、

大元の住宅支援機構の方で融資否認が目につきます。


特に、勤続年数や正社員か否か、収入面など今までで審査が通っていた条件がダメになるケースが出ています。

どうしても、住宅を購入したいが借入が??という方におススメする場合がありますが、今後、年々ハードルが上がりそうですね。

これは、想像ですが、既存の借入事案で焦げ付きが目立っている可能性が高いかと思われます。

どうしても、無理して購入していると、数年後には返済が出来ないということになるのでしょうね。


フラットは長期の固定金利でいい面もありますが、団信がつかない、事務手数料が高いなど通常の住宅ローンと条件がことなります。

ですから、一慨にいいとはいえないところがあります。


一応、団信は任意で付けられますが、保険料もそれなりにかかります。

それに比べて、銀行系のローンは団信がついてきますので、月々の支払いコストは少なくてすむ場合もあります。


住宅ローンの借入は審査が通る金額を借りるのではなく、ご自身が長期的に支払い可能な額を借りることなんですね。





★住宅ローンのご相談はこちら  



★ローンと保険の見直しはこちら



【お問い合わせ先】

アネシスプランニング株式会社  

電話:03-6202-7622

メール:info@anesisplan.co.jp



 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 30、40代の住宅ローンの見直しと保険の見直し相談会

お金がかかる年代の住宅ローンの見直し方と保険の見直し方をまとめて伝授します!

料金
12,000円

30,40代はとりわけお金がかかる年代。住宅ローンと保険を見直しすることで子どもさんの教育費や老後の資金づくりをアドバイスいたします。
住宅ローンでは借り換えのポイントを、保険では生損保の見直しポイントをお伝えします。

30、40代の住宅ローンの見直しと保険の見直し相談会

「フラット35」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの金利は今の金利でしょ?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/05/30 02:01)

住宅ローンの審査基準がわかる小冊子を無料プレゼント! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/07/25 11:00)

住宅ローン審査 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2012/01/16 02:33)

「住宅ローン」審査の基本 小川 正之 - ファイナンシャルアドバイザー(2015/09/15 10:00)