あなたのお住まい、収納力は十分ですか? - 戸建てかマンションか - 専門家プロファイル

野城 郁朗
株式会社アスナロデザイン 代表
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

岡村智恵美
岡村智恵美
(不動産コンサルタント)
岡村智恵美
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年11月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたのお住まい、収納力は十分ですか?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. 戸建てかマンションか
マンションか戸建か

このような調査があります。
「住まいに対する不満足の実態調査」(総務省まとめ)
・1位はバリアフリーへの配慮がない「段差解消など」
・2位は防犯性が不安
・3位は省エネルギー対策が不満「暑い、寒いなど」
・4位は耐震などの安全性が心配
・5位が収納スペースが少ない

 
私は、間取りへの不満が多いのかなと、思っていたのですが、
間取りへの不満は12位なのです。これには、私も意外でした。
おそらく、間取りは、現状に慣れて、順応されるのでしょうね。

 
上記の不満度からもわかるように、
近年は、間取りよりも、家の「質」について不満を抱いているようです。
暮らして、始めてわかる、住みやすさや、居心地だと思うのです。

その中でも、収納力というのは、大きな課題でもあります。

 
私の経験談を少し話しますね。
以前、新築計画のお客様で、「たくさんの物持ち」の方がいらしたのです。
子供が幼少時の洋服から、本、飾り物、雑具、着る機会のない洋服・・・・。
要は、あまり、処分ができないご性格なのです。
私もそのお気持ちは、とてもよく理解できます。

 
子供のものは、想い出があり、捨てにくい、
雑具なども「いつか、必要な日がくるのではないか」と捨てられない。
だから、物が増えていく・・・・・。

 
お客様の家の中は、ところ狭しと置き家具だらけ。
そして、物が部屋に、溢れてしまっていましたね。
けして、収納が少ない家ではなかったのですが・・・・・・・・・。

 
お客様の新居の要望は、とにかく収納力だったのです。
リビングをすっきりして過ごしたいという希望。
私としては、先ずお客様にこのようはお話をしました。

 
・「どのような物、どれだけ」あるのかを確認してください。
・その使用頻度などもランク付けてしてください。(年に1一度使うなど)
・残すもの、処分するものを覚悟を決めて分別しましょう。

 
新築当初は問題なく綺麗に納まっていましたが・・・・・。
2、3年経過すると、たちまち物が増えてしまったようです。
今では「収納が少ない」って、不満足なのかもしれませね。(苦笑い)

 
注文の戸建であれば、ある程度希望にそって収納計画ができますが、
マンションや分譲戸建は、「ある収納」に合わせるしかありません。
しかし、「現在所有の物」「増える物」を、収納する必要があります。
「増え方」を、予測することは難しいですが、
今、現状を確認することはできます。

 
・どれだけの洋服があるのか
・どれを新居に持ち込み収納するのか

 
現状の持ち物については、確認し、整理し、その「持ち物」が、
現在、検討している間取りの「収納力」で足りるか否かは、確認できます。
収納力の基準がはっきりすると、
家選びの判断基準もだいぶ明確になると思いますよ。

このコラムに類似したコラム

気持ちいい家で暮そう!! 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/10/28 16:22)

洗面室を確認していますか? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/10/20 10:37)

普段の生活をイメージする。 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/09/10 14:58)

和室って必要? 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/08/17 14:54)

「思考」と「現実」は違う。家の計画 野城 郁朗 - 不動産コンサルタント(2010/07/14 15:53)