今月の専門誌(日本社会福祉士会) - 老後の生活 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

みかん
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
管野 寿一
(建築家)
中沢雅孝
(YouTube専門コンサルタント)

閲覧数順 2021年06月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今月の専門誌(日本社会福祉士会)

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の生活
アメブロより更新中


今月は「子ども家庭福祉資格の在り方に関するワーキンググループ参加報告」が特集され、全くの同意見でした↓


子ども虐待の防止に向けて、日本ソーシャルワーカー連盟が2/4に声明として公表した項目として


①児童福祉司が抱える事例への対応はソーシャルワークを基礎とすることが必要であり、ソーシャルワーク専門職である社会福祉士・精神保健福祉士を積極的に活用すべきである。


②専門性の向上には、知的供与型の学習だけでは不十分であり、新たな国家資格の創出より現任者研修の強化が急務である。


③児童福祉司の専門性の向上には実践知や経験値の積み上げが必要であり、短期間の移動等がないよう配置構造の改革が必要である。



児童虐待やネグレクトのニュースを日々 目にしますが、若い父母に多いので、子育てのイロハなどもYOUTUBE配信する時代なのかもしれませんね。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

このコラムに類似したコラム

社会福祉士会 5月度運営委員会へ 斉藤 進一 - 建築家(2021/05/25 08:21)

3月度運営委員会へ 斉藤 進一 - 建築家(2021/03/22 14:28)

やり直しの英語 年齢層が高い受講者が増加中 山中 昇 - 英語講師(2012/07/09 00:10)

妻に先立たれて夫が困ること 2 三村 麻子 - イベントプランナー(2012/06/09 06:11)