地方創生の自治体支援を活用 - 老後の二地域居住 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:老後・セカンドライフ

みかん
みかん
(人体調律師 ・ 鍼灸マッサージ師)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
管野 寿一
(建築家)

閲覧数順 2021年08月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

地方創生の自治体支援を活用

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 老後・セカンドライフ
  3. 老後の二地域居住
アメブロより更新中


地方創生でUターン Iターンで地元や初めての地域に移住する方が増えています。今月末から4月は引っ越しシーズンでもありますね。


私は埼玉県草加市生まれですが、育ったのは小学生時代までで

中学・高校時代(全寮制)

埼玉県川越市


大学時代

熊本県熊本市


就職後

千葉県稲毛区
栃木県真岡市

などに住んでいました。


今は実家のある草加市にまた戻っているので何気にUターンしていると言えますねv



地方創生の自治体支援を上手く活用し、新しい価値観と経験が出来る人生を弊社も「住居」「介護福祉」の面でお手伝いできればと思います。

2021年度版の情報が出れば、またお知らせ致します。



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

超音波エコー健診 2021(2021/08/05 11:08)

8月の玄関デザイン(2021/08/02 00:08)

このコラムに類似したコラム

嗅覚刺激で認知症予防 4 斉藤 進一 - 建築家(2021/03/26 16:40)

国際福祉機器展(感想) 斉藤 進一 - 建築家(2017/10/02 16:00)

介護サービスを利用するには 京増 恵太郎 - ファイナンシャルプランナー(2013/10/24 10:52)

7月度障害者自立支援委員会 斉藤 進一 - 建築家(2021/07/15 23:45)

本人の病気と親の介護 安田 英二 - 塾講師(2019/02/17 23:45)