胃内視鏡検査セカンドオピニオンは? - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
野瀬 有紀子
野瀬 有紀子
(一級建築士 インテリアコーディネーター)
野平 史彦
(建築家)

閲覧数順 2021年01月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

胃内視鏡検査セカンドオピニオンは?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

緊急事態宣言が出された先週の7日に昨年検査した胃内視鏡検査のセカンドオピニオンを受けてきました。


脳ドッグの時もそうでしたが、担当医の他にもう一人が検査結果をチェックする方式になってました。


良性のポリープの所見は一緒で、気になっていた「逆流性食道炎による炎症」や「バレット食道」も心配ないとの事で安心出来ました♪


バレット食道の例


コロナ感染者が増えているので、この時期の人間ドッグ受診は延期になっているところも多いようですが、健康第一で今年も過ごしたいものですねv


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

今月の専門誌(建築士会)(2021/01/22 01:01)

高次脳機能障がい者の就労(2021/01/19 15:01)

このコラムに類似したコラム

2021 新年の抱負 斉藤 進一 - 建築家(2021/01/01 00:12)

高次脳機能障がい者の就労 斉藤 進一 - 建築家(2021/01/19 15:38)

1月度障害者自立支援委員会へ 斉藤 進一 - 建築家(2021/01/12 00:43)

1月度yahoo!知恵袋への回答 斉藤 進一 - 建築家(2021/01/06 00:32)

1月度専門家プロファイルQ&Aの回答 斉藤 進一 - 建築家(2021/01/04 01:20)