コロナ禍の代償 - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社アースソリューション 代表取締役
東京都
経営コンサルタント
03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

丹多 弘一
丹多 弘一
(経営コンサルタント)
寺崎 芳紀
寺崎 芳紀
(経営コンサルタント)

閲覧数順 2021年09月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こんにちは!介護経営コンサルティング・介護施設紹介「株式会社アースソリューション」の寺崎でございます。


新型コロナウイルス感染症がまた拡大を見せており、北海道や大阪、東京でも飲食店の時短営業要請や、GoToトラベルの新規受付停止等が起こっています。


また、飲食店や観光業にとって大変な打撃となります。

それだけでなく、情勢不安から企業でも事業の縮小、人員のリストラや採用抑制が行われる可能性があります。さらに、将来不安から自殺される方が、精神疾患に悩まされる方も、増えていくと思います。

目に見えない敵との闘いがいつまで続くのか、予想できないだけに不安になるのは当然です。


何度も何度も言っていますが、コロナは未曽有の出来事、戦後最大の危機にさらされています。

経済活動が一時的ではあっても止まってしまうなど、本当に考えられないことです。

自粛期間中は、学校に行きたくても行けない。会社に行かなくてはならないのに行けない。戦時中に逆戻りしてしまったかのようです。


ワクチンも開発され、恐らく来年には終息に向かうと言われています。

しかし、問題はここからです。


今この状況を乗り切ることができない、という方が多いと思うのです。

何とか、そういう方を救わなくてはならない。


国もコロナ対策として、様々な施策を講じています。

ただ、少しでも早くコロナ前の水準までに回復し、コロナが落ち着いたらいつものように元気に働ける、そんな環境をいち早く作らないといけない。

そうでないと、失業者は増え続け、会社は減り、ひいては将来的な経済活動に歪が生じてしまう。

いや、すでに生じています。


すでに講じられた様々な施策。莫大な公費が投じられました。国債発行も膨大で、東京都では「コロナ債」の発行がされるとか・・・

この段階で、将来的増税は決まったようなもの。各種保険料も当然上がっていくでしょう。

医療保険も、どんなに高齢者層が反対しようが、負担増をお願いしないとどうにもなりません。介護保険料もサービス自己負担も同様です。

生命保険も、間違いなく予定利率が下がっていくでしょう。そうなれば、割引率も減りますから、保険料は高くなります。それなりの保障を求めても、予定利率が下がれば保険料は上がります。

過去のものについては、保険会社が約束した利率が適用されますから、基本的には約定が守られます。しかし、今後の新規加入においては、従前のようにはいかなくなるでしょう。


もしかしたら、また消費税が上がるなんてことも、無きにしも非ずです。


このように、あくまで私の推測的な部分もあるものの、大きな確率で厳しい状況になると思われます。


上記のような状況により、国民の生活不安が増幅します。先ほども申しました通り、失業者が出たりして露頭に迷う方、夢をあきらめざるを得なくなる方、増えてくると思います。自殺者も、そうなれば増えていくでしょう。

これが、本当のコロナ禍の代償だと思います。


こんなときだからこそ、国の政治力が問われるのです。



今この国難を乗り越えるべく、国がもっともっとお金を使って、国民に少しでも安心感を発信しなければ、下手をすれば日本という国は滅亡してしまうかもしれない。そんな気持ちで政治に取り組んでいただかないと困るのです。


将来、私たち国民に課される負担増、もう仕方がない。ほぼ間違いなく負担は増えます。

増税も行われるでしょうし、保険料等も間違いなく上がる。


しかし、国民が元気を取り戻し、またコロナ前のように頑張って働いて稼げるようにならなければ、その負担すらできなくなります。そうなれば、日本の行政は本当に破綻してしまう。


もう、与党も野党も関係ない。超党派で、この国難を何とか乗り切るべく、政治家の皆さまには何とか頑張っていただきたい。そう強く思います。




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社アースソリューション 代表取締役

介護事業所の開設から運営まで、オールワンでお手伝いいたします

有料老人ホーム施設長・訪問・通所介護管理者・老健相談員、事業所開発等の経験を活かし、2007年7月に弊社を設立しました。介護施設紹介サービスをはじめ、在宅・施設介護事業所の開設・運営支援・実地指導対策支援を行っております。

03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

コロナ回復患者 退院後受け入れで加算算定可能へ 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/02/20 08:00)

ニュー・ノーマル 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/02/25 08:00)

年末年始の休業 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2020/12/24 08:00)

介護報酬改定のQ&A 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/03/06 18:03)

緊急事態宣言 一都三県2週間延長へ 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2021/03/05 09:05)