柔らかく隠す収納で北欧スタイルに - 収納方法・テクニック - 専門家プロファイル

株式会社アビタ クエスト 代表・住生活アドバイザー
東京都
インテリアデザイナー
03-6222-2323
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:整理収納・ハウスクリーニング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

柔らかく隠す収納で北欧スタイルに

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 整理収納・ハウスクリーニング
  3. 収納方法・テクニック
整理収納・片づけ・模様替え

収納場所には、そもそも扉を付けなくてもいいのでは?というアプローチもあります。軽く目隠ししながらインテリア映えを狙うのもいい手です。

 

それにはやっぱり布ファブリックのチカラを借りたい。全開にしたり、中央に寄せたりするなど、開き度合いが簡単に調節できます。扉のような堅い素材で部屋と収納と隔てるのとは違って、布使いで仕切りながらつなぐ柔らかい関係が、部屋全体に優しいムードをもたらしてくれます。

 

マリメッコのハウスでは、大胆なファブリックで収納を目隠し(左)。アルヴァ・アアルト設計「夏の家」の寝室では、ベッドカバーと目隠し布がナチュラルな室内を引き締めている(右)

アルヴァ・アアルト設計「夏の家」の階段下の目隠しカーテン(左)。自邸の書斎を仕切るのもカーテン(右)

 

マリメッコをはじめ、テキスタイルデザインに優れているフィンランド。建築家も積極的に布を活用しています。そのため、巨匠の名作であるにも関わらず、インテリアに親近感をもたらすのにも布がひと役買っています。

 

ご案内

NEW!【片づく収納プラン講座】すはらひろこ
どなたでも受講OK

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / インテリアデザイナー)
株式会社アビタ クエスト 代表・住生活アドバイザー

【整理収納術のプロ】によるお片付け・模様替え

「おうち素敵」ライフを叶えるお手伝いをしています。誰に相談したらいい?そんなときにいつでもお気軽にどうぞ。一人で頑張らなくても大丈夫! 豊富な経験をもとに丁寧にアドバイスいたします。

03-6222-2323
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「整理収納・片づけ・模様替え」のコラム