カナダ高校留学-2019年のワースト8 - 海外留学・ホームステイ - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

中尾 匡宏
中尾 匡宏
(ビジネス英語コーチ)
今林 浩一郎
今林 浩一郎
(行政書士)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)

閲覧数順 2021年07月28日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カナダ高校留学-2019年のワースト8

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外留学・ホームステイ
留学 大学・高校正規留学

大きく大きく変化しているカナダの高校留学事情の中、2019年も衝撃的な事がたくさん起こりました。

カナダ政府も規制を厳しくし、地元カナダ人からの留学生への反感も強くなり、孤立無援の高校留学生が迷子になるケースが多発しました。

エージェントが囁く大嘘「カナダの高校は簡単ですよ」、カナダ留学フェアでのニコニコSalesmanの言うことを真に受けカナダにやって来たものの、結局帰国という結果になった日本の未成年。


「日本でうまく行かないから留学」「日本では良い高校に行けないから留学」「親が持て余しているから留学」「日本で成績は悪いけど留学」などというとんでもない「思い違い高校留学」を目指している親子には厳しい時代がやって来ましたよ。


正に、「カナダには大学からいらっしゃい!」の時代です。


2019年にカナダの高校留学で起こった8つの衝撃的なニュースです。

(明るいニュースも日々探していますが、高校留学に関してはもう諦めざるを得ない状況です。)


#1 :カナダに高校留学している日本人高校生間の陰湿・悪質なイジメにより遂に18歳の日本人高校留学生がカナダ警察に逮捕


在カナダ日本領事館からも「いじめ相談窓口」のお知らせが届く現状。

私が実際に出会ったいじめはほんの氷山の一角ではないかと、寒気を覚えるほどです。


日本の学校でもゴロツキのような高校生がエージェントによりポイポイカナダに送られます。

そのようなエージェントが送る先の学校には、もちろん、すでに同じムジナの日本人がいっぱい。

街のチンピラ集団のようなグループを構成し、放課後・休日には親のお金を使い放題の日本食レストラン、バンクーバーダウンタウン、ショッピングモール三昧。

主な交通機関はタクシー、お酒、タバコ、マリファナは日常茶飯事。


学業は最低のラインをウロウロし、いつまで経ってもESLを抜けられないのは当たり前。

仲間割れも多く、少しでもグループボスの意に沿わないと集団で無視。


逮捕の一件は、そんなグループ内での恐喝・暴力が原因でした。

バンクーバー近くの大規模な留学プログラムを抱える高校での出来事。

もともと危険な地域として地元の人達には知られている場所ですが、なぜか日本の未成年がたくさん留学させられています。

エージェントへのリベート率が高いのでしょうか。


逮捕された18歳を送ったエージェントや親は今何を思っているのでしょうね。


#2 :何が何だかわからないまま退学措置


エージェントの勧誘にそのまま乗りキリスト教系の高校に留学後数ヶ月であっという間に退学。

本人には何をしたのかの自覚なし、呼び出された親も何が何だかわからないまま。

エージェントは顔をつぶされたと怒り、ホストからも強制退去。


もともと、キリスト教系の高校留学には大きな問題がありますが、何の説明もなしでポンポン商品のように送り続けるエージェントには良心がないのでしょうか。

日本の普通の高校生がカナダの宗教系高校に留学するのは、全くお勧めではありません。

熱心なキリスト教信者の親が、キリスト教の教義に基づいたカリキュラムで教育をする場所です。

日本のミッション系の学校とは相当の違いがあります。

  

#3:退学寸前に自主帰国


これも何がなんだかわからないまま親が呼び出されたケース。

「日本の学校でうまくいかなくてもカナダの高校なら大丈夫」式のエージェントの大嘘で留学。

結局日本での行動をそのまま続け、勉強についていけず、ホストファミリーにも怒られ、親が急遽カナダに。


謝り続ける親への、エージェント・カナダ教育委員会からの嫌がらせが余りにも酷いため、応援に駆けつけました。

強制帰国させられる前に、新たな出発をと自主退学・帰国。

日本で再出発をすることに。

  

#4 :高校留学生の苦悩


エージェントの嘘に騙され高校留学したものの現実に直面した日本人高校生からの叫びがたくさん聞こえて来ました。

具体的な内容は下記コラムタイトルから十分伝わってくると思います。


高校を辞め留学したけど、3ヶ月で帰国します。

カナダ高校留学中で、死にたいって考えるくらい辛いです。

カナダ高校留学して1ヵ月 - ストレスで帰国したいです

高校留学の毎日が孤独で辛いです

カナダ高校留学-2年で卒業出来るに騙された!相談の多さ

無謀な「日本の高校をやめ、カナダの公立高に行き卒業したい」

日本では上位の進学校におりましたが、それでもカナダの高校ではついていけませんでした。

カナダに高校留学中2年目になりますが卒業の目処が立っていません。

もう疲れました。日本に帰ってもいいですか?



#5 :苦しむ高校留学生に追い打ちをかけるのは悲惨なホームステイの現状です。


未だにバラ色のホームステイを夢見て留学しようと思っている方への警鐘となればと思います。

酷い実例の数々は下記のタイトルでご紹介しました。


カナダへの修学旅行 - 酷すぎるホームステイ

カナダホームステイ-日本の子供がこんなひどい扱いを

カナダ高校留学 - 隠し続ける深刻なホスト不足

「ホストファミリーは夜ご飯しか出してくれません。」

カナダに留学中、ホストにシャワーは4分以内と決められています


#6 : 留学だけでなく、現在のカナダ高校の現状は憂えるものがあります。


こんな中に、本当に未成年の大切な子供さんを送りますか?


カナダ高校-女生徒の7人に1人が性的暴行の被害者

留学生の親のみなさん、こんなカナダ高校生の姿を知っていますか?

カナダ高校留学のびっくり-先生のストで学校閉鎖!

高校留学に潜む危険 - BC州ラングレーで14歳死亡

カナダ高校留学-SNSコメントで退学


#7 : 政府方針の転換、地元カナダの親からの反発により、環境の良い地域にあり評価の高い高校は留学生の制限に動き出しています。 

結果、日本からの高校留学生を、授業料目当てに狙うのは「こんな所に送りますか?」という高校だらけとなりました。


評判も成績も悪いカナダの高校が狙う日本人留学生

カナダ高校留学-アジア人のいない所を教えて下さい

カナダ留学を支える悪質エージェント

留学エージェントの規制強化

カナダ留学はひび割れだらけで崩れかけ

BC州 English12 州試験分析- カナダ高校卒業が更に困難に

カナダ高交留学受入学区に舐められている日本人

BC州の高校卒業試験が大きく変わる - 日本人留学生の高校卒業が更に非現実的に

カナダ高校留学の隠れた膿 - 面倒をみない後見人

「高校留学先・カナダが一番人気」の裏側

カナダ高校留学 - 大幅な教育予算カットで授業が取れない!

また責任者交代のカナダ高校留学受入学区 - 相当魅力のない職場かも

カナダBC州の高校留学プログラムの裏側 - カナダのローカルニュースより

また責任者が辞めた「カナダ高校留学受入学区」- Kamloops

「アジア人高校留学生が嫌われる町」- 新学期3週間で帰国してしまった高校留学生

統計カナダ留学事情(3) 中国人ばっかり?高校留学生総数

カナダ高校留学実態調査報告【1】- Statistics

カナダ高校入学前にビクトリアのATP語学プログラムに行きます - 語学学校より質はいいですか


#8 : とんでもないトランプアメリカの影響で、カナダも危険になって来ました。 もちろんカナダ高校留学を取り巻く環境も加速度がついて悪化しています。


そんな実情はエージェントや留学フェアからでは隠されたまま。

危ない地域が多くなった今、それでもなぜカナダに未成年を送りますか?


カナダ高校留学-アルバータ州がとても危ない

Comox Valley とケベックは危険

カナダ高校留学-オンタリオ州ハミルトンの危険さ

ケロウナのホームレス問題に地元も悲鳴

ケロウナ、バーノン、カムループスなどオカナガン地区のホームレス状況

カナダで最も危険な10の地域 - 高校留学に気をつけて!

カナダBC州バーノン - 危機的なホームレスと薬物問題


さて、2020年にカナダ高校留学を希望している親子のみなさん。

よく実情を理解し、どうしても留学する必要があるのか、大学からではなぜいけないのかなど、お正月に親子で考えるきっかけになれば幸いに思います。

また上記の内容をカテゴリーで分類し解説も加えた「カナダ高校留学の実態2019年版」も公開予定です。

ご希望の方は別途ご連絡下さい。


留学相談も受け付けております。


2020年が皆様に良い年になりますように。

fm Vancouver, Canada


「カナダ高校留学の実態」eBook ダウンロードはこちら

「クリティカルシンキングがわかる」eBookダウンロードはこちら

日本人のためのクリティカルシンキング学習サイト(留学準備に必須) UX English 

Podcast [カナダにいらっしゃい!] 



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
Super World Club 代表

カナダにいらっしゃい!

カナダ 在住。パンデミック後のNew Normal 留学をサポート。変わってしまった留学への強力な準備として UX English主催。[Essay Basics] [Critical Thinking] など。カナダから日本に向けての本格的オンライン留学準備レッスン・カナダクラブ運営。

カテゴリ 「留学」のコラム

このコラムに類似したコラム

編集を終えて思うこと「カナダ高校留学」eBook総集編 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2020/02/15 11:29)

危険な飽和状態の「カナダ高校留学プログラム」 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2019/01/05 10:46)

カナダ留学は中3からの方がいいですか、それとも高校生からがいいですか? 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2021/07/23 05:04)

カナダの高校卒業留学にエージェントは必要でしょうか。 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2021/07/09 07:27)

高校留学は反対ですが子供がどうしても行きたいというので。。 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2021/05/31 05:58)