生命保険に入ることの意味について考える - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

上津原マネークリニック お客様相談室長
山口県
ファイナンシャルプランナー
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
澤田 勉
(保険アドバイザー)

閲覧数順 2021年06月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険に入ることの意味について考える

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
ライフプラン

ご親族の方が亡くなられた時、

最も役立つのは現金です。では2番目は何でしょうか。預金でしょうか?株券でしょうか? 正解は、生命保険金です。 

生命保険金は、

書類不備や告知義務違反等の問題がなければ、保険会社に書類が届いてから5営業日以内に保険金受取人に支払う決まりになっています。現金のようにすぐ役に立つわけではないですが、1か月以内に必要なまとまったお金(葬儀代など)には対応できます。 

生命保険契約では、

保険会社が決めた範囲で保険金受取人を決めます。未成年者にすることはできませんが、成人していたら大学生でも受取人になります。相続放棄をした方でも、保険証券に保険金受取人として書かれていたら、保険金を受け取ることができます。 

では、保険にはいつ加入したらよいでしょうか。

健康状態が不安になったから入るのでは、思ったような保険に入れないことがあります。大まかに言えば、保険の入り時は「誰かに何かを託したくなった時」ではないでしょうか。病気になった時家族に面倒を見てもらいたい、自分が亡くなっても子供には立派な人間としてしっかり稼いでほしい、医療費や葬儀代の支払い、借金の返済などの後始末ができるようにしたい。といったことです。 

葬儀一つとっても、

亡くなられていた方の死亡保険金によって、相続人となる配偶者やお子さんは安心して執り行うことができます。本来なら相続人の方の預貯金で葬儀代を支払えたら一番良いのですが、住宅ローンの返済が続いていたり教育費の負担が多くかかったりすると、相続人の以後の生活の心配が先に立ってしまうかもしれません。必要な保障を、無理のない保険料で準備するようにしたいですね。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ライフプラン」のコラム

子どもの習い事(2018/01/31 20:01)

舌下免疫療法(2017/05/31 08:05)

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

料金
無料

ファイナンシャルプランナーに相談したいけれど、どのように相談したらよいかわからない、相談料がいくら必要かわからない、といった方のための相談会です。

体験相談会

このコラムに類似したコラム

生命保障を考える際の手順 栗本 大介 - ファイナンシャルプランナー(2015/06/16 12:21)

保険会社や保険ショップなどから提案された生命保険を徹底検証! 寺岡 孝 - お金と住まいの専門家(2013/07/27 12:00)

就業不能保険は本当に必要か? 三島木 英雄 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/08 12:06)

「共働き世帯」の生命保険の落とし穴 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/07 07:40)

意外と知られていない年金制度 土面 歩史 - ファイナンシャルプランナー(2013/02/16 05:59)