焦りを感じ「留学」を希望するみなさんへ - 「英語ごっこ留学」は解決法ではありませんよ - コーチング全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
藤田 潮
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2019年02月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

焦りを感じ「留学」を希望するみなさんへ - 「英語ごっこ留学」は解決法ではありませんよ

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
外国から見た日本

閉塞した日本社会、将来への希望が持てない国、日本。

その中で焦りを感じ、外国にさえ行けば!英語さえ出来れば!と短絡的に足を踏み外したくなる若者も多いでしょうね。

でも、一度立ち止まって考えることが非常に大切です。

残念ながら、これも閉塞した時代遅れの日本の教育制度で育った頭脳には、もっともっとたくさんの学びが必要です。

その方法のひとつをご紹介します。

 

【質問】

現在、会社員をしていますが年々過ぎ去る時間に、ただ焦りを感じています。この際、思い切って海外留学してみようと決意しました。
しかし、お金がほとんどありません。なるべく安値でいける留学先などご存知でしょうか?
英語を身につけ、欧州サッカーのライターを目指そうと考えています。

 

【回答】

「仕事を止めての海外留学(体験でも)は無謀」です。

カナダ現地で、日本の優秀な頭脳が開花するのを長年支援している立場からの忠告です。

 

ワーキングホリデー体験をしようが、安い語学学校を探そうが、どんな手段を見つけたとしても、仕事で使える英語能力とスキルは身に付きません。

(仕事で使える英語レベルは、英語圏の大学・大学院卒レベル程度が必須です)

ただ単にお店で買い物が出来る程度の英語力で帰国しても、そんなものは就職、あるいは起業に役に立つスキルにはなりません。

 

従って、私からの忠告は「日本での仕事は続けながら、焦りを感じている自分の将来を変える努力をすること」です。

ITが進歩している現代に生きている利点を多いに活用することです。

 

日本でフルタイムの仕事をしながら、カナダの大学Degreeが取れる方法もありますし、自分の身に付けたいスキルを学べるコースだけを選んで受講し、単位をもらえる方法もあります。

すべて、オンラインで行い、宿題提出、先生への質問、最終試験もすべて日本から可能です。

時間はかなりかかりますが、専門分野を英語で必死で学ぶことで、英語運用能力・クリティカル・シンキング能力も身につきます。

学費も、実際にカナダで留学生として大学に払う学費よりは、多少割安です。

(3単位で10万~15万程度)

しかも、日本での収入を失うことなく、自分のペースで将来への道を作ることが出来る手段です。

 

ただし、オンラインと言っても、カナダの一流の大学レベルです。

コース履修、単位取得にはTOEFLiBT 少なくとも90以上の英語力は必須です。

TOEFL提出が義務付けられている大学と、オンライン専門で英語力の提示は必要なしという大学がありますが、どちらを選んだとしても、コースの難しさは同じです。

英語力が低いままで、コースに入ると、全く刃が立たず、払った授業料が無駄になるだけですから、要注意。

 

そこで具体的な進め方のアドバイスです:

1.最初に、力試しとして、MOOC(Massive Open Online Course)のCoursera, edX, udacity などが提供しているカナダ・アメリカの一流大学の無料コースを受講

 無料で聴講するか、費用を払いその大学からの正式修了証をもらうかの2つの選択肢があります。

MBA関連のコースも安価で提供されています。

例えば、もうすぐスタートするイリノイ大学のMBA Digital Marketing Master Programなど、今の時代に必要とされているスキルを教えるコースが満載です。

 

2〜3試しに受講し、アサインメントも提出し、テストも受け、果たして自分の能力でこなせるレベルかどうかを判断します。

これらのコースのレベルには到底届かない場合は、上記オンライン大学資格も、雲の上の存在ということになります。

その場合は、中学からの英語の基本の総復習、クリティカル・シンキングの特訓、英語エッセイの書き方の勉強、英語の本に埋もれるくらい本を読む勉強を始めることです。

そして1年後くらいに、もう一度MOOCに挑戦。

この繰り返しが準備期間です。

 

2.よし!能力が上がったと思ったら、Online大学に出願。

 

カナダのオンライン専門大学は非常にレベルが高く、そこで取った単位はカナダ国内、またアメリカにもかなりの互換性がありますので、将来実際にカナダでdegreeを完成させたい場合にも好都合です。

お勧めの2つのオンライン大学は:

Athabasca University

Thompson Rivers University

 

オンラインで出願出来、コース登録も授業料の支払いもオンラインですぐに完了します。

手続きを終えた翌月1日からコース開始です。

 

さぁ、ここまで来たら、焦りを感じていたあなたの将来への道が少し見え始めて来ると思いますよ。

 

 

無謀な、役にも立たない「英語ごっこ」をしに外国に行くことは、賢明な選択ではないですね。

この忠告を冷静に消化してみて下さい。

 

 

Good luck!

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
Super World Club 代表

カナダにいらっしゃい!

Edmonton, Canada 在住。カナダ高校留学の裏側を発信、迷っている日本人留学生支援を行っています。また、日本の子供向けクリティカルシンキング指導オンラインスクール開講中。

カテゴリ 「外国から見た日本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「『部活』で忙しいので。。。」の摩訶不思議 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2016/06/09 15:33)

あと一歩が踏み出せない日本の10代へのメッセージ 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2016/06/08 12:55)

「留学」は自分の人生への競争力をつけるため 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2015/05/28 18:45)

内向き日本男子症候群 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2014/12/14 16:08)

“everything” “all” “never” を使う人には気をつけて 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/01/05 02:59)