「中国の外貨準備 大幅減少!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.
東京都
投資アドバイザー
03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)
柴垣 和哉
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2021年08月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「中国の外貨準備 大幅減少!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、中国人民銀行の発表によれば、11月末の外貨準備高が、

前月より691億ドル(8兆1500億円)減少し、

3兆516億ドルになったとのことです。

 

これは、5年8か月ぶりの低い水準です。

中国の外貨準備高は、2014年がピークで約4兆ドルあったため、

1/4が減少したことになります。

 

主な要因としては、トランプ氏が米大統領に当選以降、

急激な米ドルの上昇に対し、

「ドル売り・元買い」の為替介入を行ったことです。

 

さらに米長期金利が大幅に上昇したことにより、

外貨準備で保有していた米国債の価格が下落したのも響きました。

 

中国の通貨当局は、今回の元の急落を受けて、

海外との資本取引の管理強化を図ると共に、

海外送金や両替にも規制をかけ始めました。

 

しかしながら、国民の動きも俊敏です。

元の急落後、仮想通貨ビットコインへ大量の資金が向かうと共に、

規制の対象とならない、外貨建ての保険商品などに、

積極的に資金を移しています。

 

様々な“歪み”を抱える中国にあって、

「統制経済」の限界も見え隠れし始めました。

 

来年は、「米国の動向」が最も注目されていますが、

その裏で、「中国の行方」にも注視が必要な年となりそうです。

 

それでは今週末も、世界が平和で、穏やかな日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

“今日の数字”「40年債」(2020/08/28 18:08)

今日の数字「62%」(2020/02/27 16:02)

このコラムに類似したコラム

ビットコインはチューリップバブルに似ている? 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2021/05/31 15:53)

「米国債の保有額、再び1位に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2019/08/29 16:35)

ビットコイン1年ぶりに高値 岡崎 謙二 - ファイナンシャルプランナー(2019/05/27 10:24)

ビットコイン急落からの学び 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2017/12/28 21:04)

ビットコインの売買で損失を出したら 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2017/09/30 11:59)