「日銀の国債保有額、ついに400兆円超え!」 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.
東京都
投資アドバイザー
03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年11月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「日銀の国債保有額、ついに400兆円超え!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
お金の基本

こんにちは!

さて、日銀の発表によれば、

10月10日時点で日銀が保有する日本国債の残高が、

初めて400兆円を超え、“400兆3092億円”となりました。

内訳は、長期国債が344兆3663億円、

国庫短期証券が55兆9429億円となっています。

 

日銀では、2013年4月から、

「異次元の金融緩和」の名の下、

この3年半の間に、国債の保有額を、

約3倍にまで膨れ上がらせました。

 

国債の発行残高に占める割合も、

すでに3分の1を超えています。

 

9月の金融政策決定会合では、

「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」

を導入し、限界を指摘されていた「量」での緩和から、

「金利」への転換を図りました。

 

「お札」を発行する中央銀行が、

「国の借金」を買い続けるといった“異常な状態”は、

減速していく模様ですが、

いまだ“歪な財政状況”に変わりはありません。

 

「量」をある程度維持しつつ、

長短の「金利」を果たしてコントロールできるのか、

市場では懐疑的な見方も多くなっています。

 

そして、仮に、いまの状態が維持できたとしても、

その間に、政府が財政の根本的な改革に取り組まない限り、

「800万円を超す国民一人当たり借金」は、

増えることはあっても減ることはありません。

 

金融のかじ取り以上に、

「財政健全化」のハードルは高そうです。

 

それでは、今週も、穏やかな日々をお過ごしください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 代表取締役社長兼C.E.O.

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

03-5803-2500
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「日銀の“含み損”10兆円に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/11/25 10:36)

「日銀の日本国債保有、ついに3分の1超える!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/07/01 14:08)

2016年、緩和マネーの流転先 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2015/03/13 09:00)

「日銀の総資産額、ついに500兆円!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/05/11 11:30)

紙を支配したジェノヴァ人 堀池 泰 - 保険アドバイザー(2016/09/23 09:00)