「国の借金と国債残高がサイコー!?」 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
岡崎 謙二
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)
松尾 琢磨
松尾 琢磨
(ファイナンシャルプランナー)
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
阿部 雅代
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「国の借金と国債残高がサイコー!?」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
お金の基本

こんにちは!

さて今回は、少し深刻な話です。

財務相によれば、今年6月末時点の「国の借金」の残高が、

1053兆4676億円にまで膨らんだと発表がありました。

 

これは、日本の名目国内総生産(GDP)の2倍以上の水準です。

 

また、国債の残高も、今年3月末に比べ、7兆6667億円増加し、

918兆4764億円と過去最高を更新しています。

 

国の借金を、今年7月1日時点の総務省の人口推計である

1億2699万人で割ると、国民一人当たりの借金は、

約829万円となります。

 

この数年間、毎年同様のデータを観ていますが、

600万円台からあっという間に700万円台に、

そしてついには829万円にまで上昇しました。

 

すでに、人口の自然減少が始まっている日本において、

毎年確実に増え続ける借金を考えると、

一人当たり“1000万円”の大台も、

そう遠くない時期に到達しそうです。

 

1000万円を貯めるのもかなり大変なことですが、

国民一人当たり1000万円の借金を返すことは、

個人の努力だけでは、到底不可能です。

 

「過去最高」を「いま、サイコー!」にするには、

国民全体で、いくつもの試練を乗り換えていく必要があるようです。

 

すべての国の営みは、すべて国民に帰ってきます。

頑張るしかないですね。

 

それでは、今週末も、穏やかな日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「お金の基本」のコラム

このコラムに類似したコラム

「新成人 126万人!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/01/09 14:54)

「日本の教育機関への公的支出、最下位!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/09/29 11:41)

もしミサイルが日本に飛んできたら 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2017/08/31 22:43)

「日本の人口6年連続減少!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/04/27 13:06)

「日本の幸福度51位に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/04/21 11:41)