火葬か?土葬か? - 保険設計・保険見直し全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:保険設計・保険見直し

山本 俊成
山本 俊成
(ファイナンシャルプランナー)
辻畑 憲男
辻畑 憲男
(ファイナンシャルプランナー)
大泉 稔
(研究員)

閲覧数順 2017年08月18日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

火葬か?土葬か?

- good

  1. マネー
  2. 保険設計・保険見直し
  3. 保険設計・保険見直し全般
生命保険 生命保険

今日から3月。3月のイベントにはお彼岸があろうかと思います。
お墓参りをするに当たり「ウチのお墓は土葬なんです」、と話題にはなることは無いでしょうね…。

私は「死後は必ず火葬する」ものと思っていました。

法律(「墓地・埋葬に関する法律」)では、火葬でも土葬でも、どちらでも良いそうですね。
しかし、条例によって「土葬を禁止」している自治体があったり、「基準の下に許可」している自治体もあるようです。

また、5年前の東日本大震災では火葬が追い付かず、土葬を執り行ったご遺体もあったようです。

そもそも、皇室・皇族方は土葬が基本です(生前のご希望により火葬されることもあるそうです)。


ところで。
人間の身体は、およそ60%は水分だそうですね。
火葬する場合は、かなりの火力と、火力を得るための燃料が必要になります。
昔の日本で、燃料と言えば薪です。
火葬するための火力を得るためには、貴重な薪を、かなり使わなくてはなりません。
薪では大きな火力を作れませんからね…だからこそ、今では薪を使わないのですが。
まあ、そういった燃料(=薪)の事情もあって、
古くから、日本では土葬だったのかな、とも思いました。


昨今の終活ブームに、彼岸の時期が重なり土葬という埋葬方法に想いを馳せてみました。


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム

人間ドック後記(2017/08/16 23:08)