マイナス金利で住宅ローンは借りやすくなるの?? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

アネシスプランニング株式会社 代表取締役
東京都
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

前野 稔
前野 稔
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
中村 諭
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月16日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マイナス金利で住宅ローンは借りやすくなるの??

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般

住宅ローンの金利は超低金利時代へ

マイナス金利が導入されて、いろいろと変化が起きている金融業界。

はたしてこの施策は今後、どう影響してくのだろうか?

特に恩恵を受けるのは、これから住宅ローンを借りる人。

やはり、金利は低い方がいい。

 

しかしながら、現状では長期金利に連動している固定商品の住宅ローン金利しか下がっていない。

10年固定金利は致し方なく金利を下げ始めている。

ただ、これはあくまでも10年間の金利だけを約束したもの。

返済期間すべての金利を約束しているわけではない。

金融機関も金利をさげたからといって、だれにでも貸付することはない。

日銀がいう借りやすくなるというのは本当はどうだろうか?

 

ローンの審査基準は厳しくなる?!

今後、想定されることはいくら金利が安くても、銀行のローン審査基準はより厳しくなる可能性が高い。

低利で貸したはいいけど、返せる見込みがあるかどうかの判断はシビアになるはずだ。

担保評価も辛めで見たり、延滞履歴も確実に見逃さないだろう。

 

また、いわゆる属性のいい人でないと、すんなり貸すことはない。

今、住宅を買いたいと思うひとは、既存の車のローンやクレジットのカードローンなども借りている場合が多い。

以前、ローン審査が通らなかった人もこの機会に再度、購入を考え始める。

また、若年層の収入が4~500万円あたりの方も、低金利で審査上の借入上限額が増えれば、

買いたいと思い始める。

ただ、そういった属性での借り入れは、銀行にとっては審査は厳しくしていくだろう。

 

保証会社は万一、返済不能で抵当権行使をしても、債権回収に時間や過少金額しか回収見込みがない案件に

なりそうだとの判断すると審査は不可。

特に、高値の不動産価格の現状を見ると、新築価格満額で融資しても10年後の残債額とその時の

実勢価格の乖離が大きくなる可能性が高い。

そうなると、債権回収が難しくなるから、審査は今までより厳しくなると考えるべきだろう。

 

ところが、お金は貸さないと銀行もやっていけないので、どうしても安定した返済ができる人、

つまり公務員や上場企業勤務の方々への融資をしたくなるのが銀行側のホンネだろう。

こうした点から、属性があまり芳しくない方々には、ますます借りたくても貸してくれないということになりそうだ。

★住宅ローンの専門家が中立的アドバイスで最適な住宅ローン借入をご提案

詳しくはこちら

 

【住宅ローンのご相談や詳しいお問い合わせはこちら】

アネシスプランニング(株)

電話:03-6202-7622

メール:info@anesisplan.co.jp

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 今から買う家の住宅ローン 借入検討サポート

不動産会社などから提案された住宅ローンを徹底検証! 中立的アドバイスで最適な住宅ローン借入をご提案。

料金
10,000円

買いたい住まいのローン返済計算書や資金計画書をお持ちください。
提案された資金計画や住宅ローンを精査、検証し、適切な借入額や返済額、ローンの金利選択などをアドバイス。
住宅ローンの専門家が金利などのローン商品選択のアドバイスと返済計画のご提案をいたします。

今から買う家の住宅ローン 借入検討サポート

「マイナス金利」に関するまとめ

このコラムに類似したコラム

長期金利の急上昇には要注意 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/05 07:00)

2016年10月の住宅ローン金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/10/03 07:00)

2016年9月のソニー銀行金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/16 01:00)

2016年8月の住宅ローン金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/01 07:00)

2017年11月のソニー銀行金利と今後の見通し 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2017/10/15 07:00)