カナダの高校で英語の授業についていけません - 海外留学・ホームステイ - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学・クリティカルシンキング専門家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
大澤 眞知子
大澤 眞知子
(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
中尾 匡宏
(ビジネス英語コーチ)

閲覧数順 2019年06月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

カナダの高校で英語の授業についていけません

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外留学・ホームステイ
留学 大学・高校正規留学

カナダにて1994年以来、日本の高校生の支援をしています。

留学についてのお問い合わせに加えて、すでにカナダの高校留学中の親子からのSOSにも回答しする機会があります。

必要とされている方も多いのではと、頻度の高い回答をコラムにしてみます。



お問い合わせの傾向:


問い合わせ件数  #1 は現在留学中の子供について親からの相談です。


「留学フェアなるもので話しを聞き、良いと思って送り出したものの、実際は内容がかなり違い戸惑っている」


 

問い合わせ件数 #2 は、今度は留学中の本人、高校生からの相談。


そのほとんどが、学校の勉強についていけない悩みです。

全てにおいて困っているというのも多いですが、分野別には English のクラスでエッセイが書けないというものが一番ですね。


今日のコラムはここに焦点を当ててみようと思います。



日本の思考法そのままで、とにかく浮かんだことを、論理的な組み立てもなく英語にするとエッセイになると思っている場合が多いようで、成績が取れないことにお手上げ状態。


どうして点数が悪いのか見当もつかないようです。

高校を卒業するにはEnglish 10, 11, 12の好成績は必須ですから、途方に暮れてしまいますね。


なぜ、カナダのEnglish についていけないか。

理由は明白なんですよね。


日本で十分な準備をしなかったからです。

日本の普通の勉強のまま、カナダの高校で通用すると大きな思い込みをしたからです。

(あるいは日本の学校でうまくいかないからカナダに。。。なんてとんでもない理由で留学したかも?)


留学前、少なくとも、1年くらい前に相談してくれたら準備のお手伝いが出来たのにと残念です。

準備はオンラインとスカイプの組み合わせで、カナダの教育制度を基にした指導をします。


ところが、すでにカナダの高校に入学し、困っている場合にはかなり難しい提案になります。


もともとの準備が出来ていなかったことは明らかですが、その準備を重点的にする時間的な余裕は本人たちにはないと思います。

学校では日々授業が進みますし、English 意外にも難しい科目をたくさん取らなければいけません。


社会、理科の分野でも、日本のように暗記ではなくクリティカルシンキングを使い、考えることばかりです。


そんな日々の授業に追われる高校生には、今更基本を勉強する暇も精神的余裕もないですね。


仮に Writing を10年生レベルで教えてあげるとしても、学校以外の勉強に時間を取ることはまず無理でしょう。


 

どんどん選択肢が狭くなります。



準備から関わり、直接のサポートプログラムで「小さな町」留学に送り込む生徒たちは、勉強も手厚く助けました。

というより、それがサポートのかなり大きい部分でした。

週日は毎日、学校で学んだことの報告を受け、宿題の内容をチェックしました。


English のクラスの宿題も、エッセイが大部分ですが、もちろんかなりの時間を割いて面倒を見ましたね。


最初は宿題の意味もわからない生徒たちが、そんなサポート下で3年後にはカナダの大学に自信を持って進学していきました。

  

このアカデミックサポートしか「勉強についていく方法」はないと思います。

が、残念ながら「高校生サポート」からは引退し、主にボランティアで高校留学のトラブル相談に応じている今となっては、学校の勉強面(English だけに特化してもいいですね)のみ、やる気のある留学生にだけ提供出来るかもという状況です。


そうすると、学校の大切なEngish の授業の面倒も見ながら、エッセイの書き方を指導していけます。



と、過去に数人の生徒に提案しました。

生徒本人は「助かったぁ〜〜」と提案を受けたがったのですが。


親が問題でした。


「カナダに留学しているのに、なんで今更英語の指導を受ける必要があるのかわからない。留学だけでも高いのに、これ以上サポート費など払う意味がわからない。」


だそうです。


カナダの高校の教育内容も知らずに、子供がどれほど苦労するかも知らずに安易に送った親ほど聞く耳持たずです。



さて、今日も同じようなSOSが舞い込んで来ました。

同じ提案をしてみます。


迷っている心細い生徒に、目の前に明確な方法を示してあげたいですから。


今度の親はどうでしょう?

またダメでしょうね。



こんなことにならないように、カナダ留学を希望するみなさんは、まずは準備段階で相談してください。

留学には十分な「準備」が必須であるという認識を、親と共有した上での相談を待っています。


Good Luck!


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学・クリティカルシンキング専門家)
Super World Club 代表

カナダにいらっしゃい!

Vancouver, Canada 在住。カナダ高校留学の裏側を現地から報告shi、留学に足る能力をつけたい日本人生徒、留学学習支援の必要な生徒のためのサイト UX English主催。[Essay Basics] [English10 & 12 for Japanese students] [英語エッセイ魔法の秘訣] など

カテゴリ 「留学」のコラム

このコラムに類似したコラム

カナダ留学のこれから - [新しい留学の形]その3・高校正式留学 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2017/06/23 03:16)

間違いだらけの「高校留学」観 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2016/05/26 15:47)

カナダ高校留学前の「語学学校」に送り込まれた日本人高校生の嘆き 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/07/30 03:46)

「高校留学」するかどうかはまず「真実」を知ってから 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/06/20 06:04)

「ネガティブな自分を変えたい!留学して環境を変えたい!」高校留学の危なさ 大澤 眞知子 - カナダ留学・クリティカルシンキング専門家(2018/05/23 05:50)