整理収納の基本~整理収納アドバイザー二級講座の受講~ - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

M設計工房 主催
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

整理収納の基本~整理収納アドバイザー二級講座の受講~

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般

リフォーム相談、家づくり相談で最近、収納に関しての相談が多くなってきています。

子育て中の方、夫婦の間で家事を担当する方や、片付いているのが好きな方から、

リビングダイニング、キッチン廻り、季節物、趣味など収納についての質問が多いです。

 

そこで、私達も

整理について理論的に学ぶことにしました。

整理収納アドバイザー二級の講座を受講しました。

http://www.karl-3.jp/

内容は、

1、整理の効果と目的の具体化

2、現状の整理のレベル

3、モノの本質と人のとの関わり

4、整理を妨げている原因

5、整理収納の5つの鉄則

6、収納の原則

7、収納を維持するポイント

 

普段の生活している中で、こんな感じかな的なイメージだったものが、

「そうか、そういう理論が働いているのか」と、

学ぶ事がたくさんありました。

 

私達、設計事務所が、リフォームや家づくりの計画の時には、

収納量や使い方を話し会いしながら、

収納の位置や量、使い方を提案していきます。

整理収納の理論は、もう一つ踏み込んだ提案ができる内容です。

 

これからは、子育て世帯や、高齢者世帯への配慮、清潔できれいな部屋など、

快適、安全、楽しく暮らす為の重要なポイントを採り入れた収納提案していきます。

 

M設計工房 三竹忍

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(建築家)
M設計工房 主催

ライフスタイルをデザインにする、感動と永く愛される家づくり

4つのテーマ「知恵工夫デザイン」「家事機能を考える」「自然の力」「家族を繋ぐ」を考え、建主の希望と良い部分をデザインに反映させた、ライフスタイルからの家づくりをしています。季節を喜び、生活を楽しみ、安心して暮す為、一緒に創っていきましょう。

このコラムに類似したコラム

ちょっと変わった収納術 中山 秀樹 - 建築家(2014/06/21 22:18)

リビングとダイニングの間に造り付けた雑貨収納 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2017/07/29 12:23)

日曜日は、目黒川桜祭りへ行ってまいりました 野瀬 有紀子 - 一級建築士 インテリアコーディネーター(2017/04/11 16:08)

モノはもう要らない。そんな家をイメージしてみよう 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/06/16 20:41)