傾斜マンションになったのは誰のせい?? - マンション売買 - 専門家プロファイル

アネシスプランニング株式会社 代表取締役
東京都
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産売買

岡村智恵美
岡村智恵美
(不動産コンサルタント)
岡村智恵美
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年11月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

傾斜マンションになったのは誰のせい??

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 不動産売買
  3. マンション売買

■傾斜マンションになったのは誰のせい??


メディアでの報道が毎日あるこの話題。

話題には傾きになった原因は杭工事の施工業者にあると・・・


しかし、この杭工事、短期間に数百の本数を打ち込むには無理があるはずだ。

通常であれば、工期延長ができないなら施工会社としては請けたくない仕事。


しかも、建物基礎の工事には施工と養生期間に十分な日数は必要である。





この杭工事は他者にも打診があったはずだ。

で、請けない業者もあっただろう。

請ければ工期内に完工できないとわかっていた可能性が高い。


こうした問題はもとを糺せば、売主の事業計画にある。

無理な工期設定は販売の時期にかかわるはずだ。


これほどの大型プロジェクトであれば、販売には1年以上かかる場合もある。

そうなると、事業資金の回収はできるだけ早くしたいのが売主の心情だ。

いくら財閥系のデべとはいえ、本心はそこにある。


そうなると、どうしても工期を短縮で早く販売を完了させたいとなる。

年度末には入居可能とか、年内入居可能など、セールストークには使いたい文言である。


結果、すべてが急がせた仕事の集約になり、引き渡し後数年でこの事態になった。


■消費者不在のマンション販売


自分も注文住宅の販売をしていたが、施主の引き渡し希望には到底間に合わないこともしばしばあった。

確かに、早く新しい家に住みたい心情はわかる。

しかしながら、施工を急がせるとロクなことは起こらないのは、職人さんも現場監督もわかっている。

しいては、施主に一番迷惑がかかる。


住み始めての直後はいいが、1、2か月後には手直し工事の嵐になる。

手直しは入居していながらの工事のために、時間と労力もかかり、施主の精神的負担も多大だ。


しかも、構造躯体に問題があると、さらに厄介なことに・・・

それこそ、建て直しってことにもなる。


こうした背景が予測されるので、施主には引き渡し時期の延長を求めることになる。

経験上、事情を丁寧に説明すれば、施主も納得し工期延長を了承してもらえる。


消費者あっての住宅ならば、こうした対応は必要不可欠なことだ。


で、今回のような問題は売主の責任は重大なものと感じる。

自分らの事業は売ってなんぼの世界だろうが、そこには購入者、消費者がいるということを忘れている気がしてならない。


売主も施工会社も、その下請けもすべて名だたる会社だが、大手ブランドのおごりと消費者不在のビジネスを垣間見る。


過去に当方に相談された方の中に、この売主のあるマンションの解約相談を受けたことがある。

当初は、自分らは悪くない的な話だったが、法に抵触している可能性を指摘して行政に相談した途端に態度が急変したことを思い出す。


今回の問題が起きて、そのいきさつなどを聞いていると、この企業風土を感じてしまう。


また、杭工事の会社のグループ会社も同様だ。

グループ全体の売上の4割を占めていると言われる住宅部門。


この住宅会社も請負契約の解約等をめぐり、トラブルが尽きない。

しかも、ある消費者団体から是正も促されていた。


この会社も同様に、当初は自分らは悪くない的な話だった。

しかしながら、消費者団体の弁護士からの指摘を受けて手のひらを返す対応になる。

その流れは以下のリンクを参照してほしい。


★工事請負契約約款の是正

http://www.coj.gr.jp/zesei/topic_141127_01.html


いずれにしても、消費者不在の企業活動が多大なる損失を起こしてしまう。


今回の問題は、住宅を買うということに関して、多大なる不信を業界全体に招いたしまったその責任は大きい。

住宅産業は裾野の広い産業であり、国内需要の唯一の大きなマーケットでもある。

それを大手が自らの手で首を絞めるとなれば、今後の業界には痛手が大きすぎる。


責任の取り方次第では、産業事態も危うくなる…



■マンション購入や注文住宅のセカンドオピニオン

<お問い合わせはこちら>

アネシスプランニング株式会社
電話:03-6202-7622

メール:info@anesisplan.co.jp


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

新築、中古マンションの契約などのお悩みを個別に解決します!

料金
10,000円

これから新築の分譲マンションや中古のマンションを契約をしようと思っているがその内容が不安な方。
既に契約をしてしまったが、問題が起きてお悩みになっている方。
建築・不動産業界25年以上の経験からアドバイスいたします!

新築、中古マンションの売買契約に関する個別相談

このコラムに類似したコラム

マイホームは資産価値優先で探すべきか?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/02/16 13:00)

タワーマンションが高いのは階数だけではない??? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/01/09 14:00)

傾きマンションにさせたのは誰が悪いの? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/10/17 13:00)

またも起きたマンションの施工不祥事?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/10/15 09:00)

それでも貴方はマンションを買いますか?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/01/21 13:00)