少子高齢化と建築業界 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

少子高齢化と建築業界

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中
少子高齢化社会は、私たちの生活だけでなく働き方まで変わるものとして、危機感を持たなくてはなりません。

人件費の安い海外との関係や、ロボット化(人工知能)による職務の転換など、この本は今後どうあるべきかヒントをもらうことができました。

10年後に食える仕事、食えない仕事/東洋経済新報社




また、建築業界においての10年後も「職人さんの高齢化と人手不足」「建築士の飽和状態」「建設会社の合併・淘汰」など不安材料がいっぱいの中、「新しイシゴト」という観点で面白い書籍を見つけました(^^)

2025年の建築「新しいシゴト」/日経BP社




生きるための基本として「衣・食・住」の3つを豊かにする時代から、「医・介・住」の安心して最期を迎えることを望む時代へスイッチしているところから、同じ「住」でも意味合いの変化に対応していくことが生き残るヒントだと感じます(^^)












カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

CSI:15をamazonプライムで(2016/12/11 00:12)

今年の語学状況(2016/12/10 00:12)

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)