幻の「未来予想会」 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

幻の「未来予想会」

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中
2010年7月から1年間だけ立ち上げたグルっぽの「未来予想会」

今、内容を見直すと、この5年間に現実的に起きたことがありました。


未来予想会の記事←こちら


「未来予想会」で震災時のことを挙げましたが、その翌年2011年(平成23年)3月11日(金)に東日本大震災が起きてしまいました。

増税も15%までは行きませんが、現在8%で今後10%が見込まれています。

異常気象も顕著になり、今冬の雪害は春先まで予断を許さない状況ですね。


別に予知能力があるわけではありませんが、2020年東京オリンピックまでの5年間は、観光誘致にチカラを入れていることもあり、犯罪増加率も上がる気がしてなりません。


住宅においても「防犯」への考え方が大きく変わると思います。

マンションでは共用部分でのオートロックドアが、2重になっているところが増えました。

戸建て住宅の玄関ドアは外開きが普通ですが、今後は外国のように横引きシャッターと内開きドアの組み合わせも増えるかもしれませんね。


福祉分野においてもかつてロボット化の介護は人間の温かみを感じないということでタブー視されてましたが、介護職の人手不足や高齢化などにより既に様々なものが開発されてます。


時代を先読みして仕事に活かせるよう、今年も様々なジャンルの方達と交流を持ちたいです(^^)












カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)

休日の音楽(2016/12/04 00:12)

チャンピオンシップ決勝(2016/12/03 00:12)