住宅ローンの返済にいくらかけるべきか?考えてみた!? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

アネシスプランニング株式会社 代表取締役
東京都
住宅&保険・住宅ローン コンサルタント
03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

住宅ローンの返済にいくらかけるべきか?考えてみた!?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般

■住宅ローンの返済にいくらかけるべきか?

消費増税による駆け込み需要の反動で不動産、住宅業界の受注は、かなりの落ち込みが続いている。

マンションの販売もしかり。

特に、首都圏では土地の仕入れが困難なために値段が高いものを仕入れてしまったり、建築コストの値上がりなどで売値に影響を及ぼしている。

そのため、戸当たりの専有面積を狭くするなどで値ごろ感をつくる物件もある。

この手法、バブルにもあったやり方だ。



また、供給の減少を見越して、既存の販売中の物件を値上げしたデべもある。

中には300~500万円も値上げしたマンションもあるくらいだ。


こうした中、住宅購入には住宅ローンが付き物。

11月に入りローン金利も低金利の水準が続いている。


では、この住宅ローン。

月々や年間の返済にいくらかけるべきか?


目安の1つは年収に対する返済比率。

ローン審査の基準は年収400万円以上の方の場合、年収の35%までがローンの年間返済の上限額とみている。

つまり、年収400万だと年間140万円、月にして約11.6万の返済となる。


しかしながら、年収は税込。

税引後の収入から逆算すれば返済比率は40%を超える場合もある。

そうなると、家計はかなり厳しい。


■平均所得は15年前の約19%減

ところで、現在の国民1世帯当たりの所得金額はいくらかご存知だろうか?

厚労省のデータから2012年の平均所得金額は537万円。


15年前のものと比べると121万円も減少している。

月に換算すれば10万円も少なくなっている。


で、仮に、15年前に住宅ローンを組んだとする。

当時の年収を基に最大限借りた場合、月19万円ほどの返済になる。


当時の年収ではこの返済額でもOKだったが、15年後に収入が下がると月19万円の返済は厳しい。

年収の半分がローン返済になると、ローン破たんは間違えないだろう。

こうした現象はこの先の15年にも起こりうる話だ。



今後、年々所得が上昇した高度成長期と同じような経済環境は見込まれない。

そのため、この時代に多くの返済をともなう住宅ローンを借りて高額な物件を購入するとローン返済の負担は重くなる可能性は高い。

徐々に家計を圧迫して、最悪はローン破たんということになりかねない。


キャリアアップして収入を求めれば問題ないという声も聞こえそうだが、万人すべてがそうできるわけでもない。


また、夫婦で働いているから問題ないという声も聞こえるが、共稼ぎの世帯収入をベースにローンを組むこともお勧めできない。


■住宅ローンの返済額は??

今後の収入額が一定であればいいのだが、万一、収入減になっても耐えうる家計を作らないといけない。


そう考えると、年収の20%ぐらいを目安にすることが妥当なのかもしれない。

仮に、400万円の収入で20%が年間返済額だと年80万。


その収入が340万になっても年間比率は23%だ。

月々6.6万なら何とかなりそうだ…



つまり、借入当初からこの程度の返済額でないと、「万が一の時には対応できないかも??」ということも認識しておく必要がある。


家計は住宅ローンばかりではない。

教育資金や老後の資金も必要である。


安易に、金利が低いからと言って夫婦収入合算をして高額な物件を購入したり、見栄でタワマンの高層階を買って家計を圧迫する買い物はしない方がいいだろう。


住宅にコストをかけ過ぎないことは、今の時代では重要である。

身の丈にあった買い物を…


■ローン破たんにならない為の晩婚カップルの住宅ローン個別相談

詳しくはこちら


■詳しいお問い合わせ

アネシスプランニング(株)

電話:03-6202-7622

メール:info@anesisplan.co.jp

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント)
アネシスプランニング株式会社 代表取締役

「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートします

生涯に一度とも言える住宅建築や不動産購入の場では「失敗したらどうしよう」と不安に思う方が多いものです。お客様が「夢」を安心して実現できるよう、業界での25年の経験を活かし、「納得」と「安心」の住まいづくりを中立的立場でサポートしてまいります。

03-6202-7622
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 今から買う家の住宅ローン 借入検討サポート

不動産会社などから提案された住宅ローンを徹底検証! 中立的アドバイスで最適な住宅ローン借入をご提案。

料金
10,000円

買いたい住まいのローン返済計算書や資金計画書をお持ちください。
提案された資金計画や住宅ローンを精査、検証し、適切な借入額や返済額、ローンの金利選択などをアドバイス。
住宅ローンの専門家が金利などのローン商品選択のアドバイスと返済計画のご提案をいたします。

今から買う家の住宅ローン 借入検討サポート

このコラムに類似したコラム

住宅ローンの繰り上げ返済は本当に得する?? 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/12/11 01:54)

【晩婚カップル必見】住宅ローンの組み方セミナー&無料相談会 開催! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/10/22 18:00)

【11月1日セミナー開催】ローン破たんにならない住宅ローンの組み方を伝授! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/10/21 01:38)

晩婚カップルの住宅ローン相談 受付中! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/12/01 15:00)

11月1日 住宅ローン無料相談会&セミナー開催! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2013/10/24 20:00)