相手と話をするときにどこを見たらいい? - 毎日のつらさ - 専門家プロファイル

一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

大田 亜侑
大田 亜侑
(マインドブロックバスターインストラクター)
大田 亜侑
大田 亜侑
(マインドブロックバスターインストラクター)
大田 亜侑
(マインドブロックバスターインストラクター)

閲覧数順 2017年11月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

相手と話をするときにどこを見たらいい?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 毎日のつらさ
メンタルヘルス

こんにちは。

産業カウンセラーの萌ちゃん先生です


コミュニケーションにおいて

大切なのは


アイコンタクト

目を合わせることです。


目を合わせることは

相手への承認のサイン





皆さん

ちいさいころに


人の話をするときは、

目を見て話しなさい


と言われた経験が、

どこかで

必ずあるのではないでしょうか。


しかし、

日本人は


じっと見られたり

ずっと見続けることに


緊張や圧迫感を

感じる方々いるのも事実です。


コミュニケーションの本などを見ると

良く出ているのが、


ネクタイの結び目あたりを見る

ネックレスのペンダントヘッドのあたりを見る


また、

眉と眉の間をぼんやり見る


なんていうのもあります。


う~ん。

どれもいまいち。


以前、研修の終わりに

男性によく以下の質問を受けました。


女性職員と話をするときに

ネクタイの結び目あたり

を見ていると


女性の方に首元や胸を隠すしぐさを

されてしまう

どうしたらいいでしょう?


そうなんです。


首から胸元を見るのは

あんまり印象は良くないのです。


では、どこを見ればよいか。


答えは、明日~。


萌ちゃん先生でした

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事

メンタルアップマネージャ認定機関

働く人が一番ストレスを感じるのは、人間関係であることが厚労省データからも明らかです。人間関係改善に必須のコミュニケーション、ストレスマネジメント、ハラスメントの生きたスキルが身につく、ワークショップ型研修をご提供します。

カテゴリ 「メンタルヘルス」のコラム

体験することって大切(2016/04/03 23:04)

新入社員研修スタート!(2016/04/01 21:04)

ご無沙汰しております。(2016/03/30 19:03)