考え方よりも感じ方を大切に!同窓会効果も!? - 毎日のつらさ - 専門家プロファイル

一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

考え方よりも感じ方を大切に!同窓会効果も!?

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 毎日のつらさ
メンタルヘルス

こんにちは。

産業カウンセラーの萌ちゃん先生です


学生時代の同窓会に出席してきました。

一瞬で自分の歳を忘れてしまう魔法がありますね。


純粋な「気持ち」が

よみがえってくるからなのかもしれません。





私たちは、普段の生活の中で


自分の立場

自分の役目

自分の責任


様々な

プレッシャーの中で


何が一番最適か

どうすれば合理的か


常に「考えながら」の言動を

強いられています。


楽しいからやるのではなく

やらなければならないからやることがたくさん


嫌だからとか辛いからと言って

投げ出すわけにはいかないこともたくさん


腹が立っても

相手が仕事の上でのクライエントなら

にこにこしなければならないこともたくさん


「感じる」よりも「考える」を

優先しなければ


社会に適応していくことは難しいのです。


そして、「考える」と「感じる」

のギャップが大きくなりすぎると

不適応が起こります。


カウンセリングに訪れる

クライエントの方々の多くは、


この不適応の状態です。


頭でわかっているけど(考え)

どうにもならない(気持ち)


を抱えています。


自分の気持ちを無視して

自分の気持ちを抑え込んで


考えに考えてきてしまった結果ともいえます。


時折、気持ちを開放して

「感じる」を優位にする時間は大切。


好きな趣味でもいいし

好きな人たちとのかかわりでもいいし


「気持ち」が優位になるひとときは

心の栄養になります。


プラスの気持ちも

マイナスの気持ちも


今よりストレートに

受け止められることのできた時代の

友達とのかかわりが


心のビタミン剤となるのも

当然なのかもしれません。



カウンセラーは、

一緒に考えて解決策を見出すのではなく


クライエントが自分の思いを

感じるとることができるような


安心の場を提供していくことがもっとも重要です。


何とか早く悩みを解決してあげたい


という熱い思いのカウンセラーの方は

少し注意する必要があるかもしれませんね。



萌ちゃん先生でした



Ⅳ6


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事

メンタルアップマネージャ認定機関

働く人が一番ストレスを感じるのは、人間関係であることが厚労省データからも明らかです。人間関係改善に必須のコミュニケーション、ストレスマネジメント、ハラスメントの生きたスキルが身につく、ワークショップ型研修をご提供します。Office MOEKO代表。

カテゴリ 「メンタルヘルス」のコラム

体験することって大切(2016/04/03 23:04)

新入社員研修スタート!(2016/04/01 21:04)

ご無沙汰しております。(2016/03/30 19:03)