体の声を聞こう - 姿勢・ウォーキング - 専門家プロファイル

YURUKUウォーク 代表取締役
東京都
マスターウォーキングインストラクター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

Noriko式ウォーキングのBjウォーキングスクール代表Norikoです。

先日セッションで
「自分に目を向けるのをずっと避けてきました」
と、おっしゃる方がいました。
ウォーキングレッスンでは自分自身と向き合う必要があるから
そう感じずにはいられなくなる方は他にもたくさんおられます。

その方は
他人には一生懸命つくす…
頼まれてもいないのに自分からせっせと背負いこみ
一生懸命つくす。
だけど自分には目を向けない。
目を向けられない。
ものすごく疲れてしまうことがあるそうです。
自分に目を向けないから余計に人にばかり目が行ってしまうのですね。

だからって「自分に目を向けましょう!」なんて言ったって
それができるならとっくにやってますってことになりますよね。

セッションでは
姿勢のとり方が変わると体が変わることを体感していただきます。
なぜ変わるのかというと体のパーツパーツが本来あるべき位置になるから。

バストアップやウエストダウン、ヒップアップなどなど
同じ位置でただ上に持ち上がったり中に入ったわけじゃないのです。
それは筋肉だけでなく内臓の位置も大きく関わっています。

その変化を鏡や写真でご確認いただいて
私は「体のパーツパーツに目を向けましょうね」とお話しました。

すると真ん中に寄った胸をご覧になり
「あ~今まで右のお胸ちゃんと左のお胸ちゃんを離れ離れにしてしまってたね~ごめーん」
と おっしゃったので
「内臓ちゃんもね今までお腹の中でぎゅーぎゅー押し合ってたから疲れてたと思いますよ。
やっと解放されて喜んでますよ♪」
と言うと
「名前つけよう~」と おっしゃってました^ ^

この方のように自分に向き合えないなら無理することなく
体のパーツパーツの声を聞いて
その子たちが居心地のいい場所を探してあげてくださいね。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / マスターウォーキングインストラクター)
YURUKUウォーク 代表取締役

歩くことは生きること~生きる喜びをともに

日常の自然な歩き方「YURUKUウォーク」考案者。筋トレやストレッチを必要としない独自メソッドで、受講生は10000人以上、インストラクターは150人を超えました。近年はオリンピック代表選手のパーソナルレッスンや企業の健康指導など多岐に渡り活動中です。