脳卒中と肥満の関係 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

脳卒中と肥満の関係

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

生活習慣病によるメタボの行く末は、「糖尿病」と言われてますが 肥満によって起きる最も怖い弊害が脳卒中」です。


脳卒中には脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血などがあり、高血圧とも関係が深いので、冬の入浴時の寒い場所での着替えや熱いお風呂などは気をつけたいものですね。



肥満と脳卒中の発症リスクにおいて


BMI 25以上 5.6倍

BMI 23 3.1倍

BMI 21    2.3倍 

BMI 21未満 1.0


というデータがあり、


脳梗塞


運動なしでの発症率1とすると


週3回の運動ありの場合 0.4まで減少され


脳出血


運動なしでの発症率1とすると


週3回の運動ありの場合 0.6まで減少されるそうです。



忘年会・クリスマス・年末年始の暴飲暴食は控えたくなる記事を挙げてみました(^^)



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

CSI:15をamazonプライムで(2016/12/11 00:12)

今年の語学状況(2016/12/10 00:12)

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)