冬の外出時の震災に - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

冬の外出時の震災に

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

11-12月にかけ、茨城から千葉にかけて震源とする地震が多い気がします


あってはならぬ大震災ですが、とくに冬季 外出時に起きてしまったら、帰宅困難に見舞われ「」をとれるところに避難できるかがポイントになります。


ブランケット的なものを持ち運ぶのは大変なので、せめてホッカイロなどを多めに持ち歩くようにするとか、このようなアルミブランケットシートをバックに入れておくと安心ですね。


サバイバルシート (防寒 保温 遮熱シート アルミブランケット) 5枚セット 
5枚で1000円弱なので、家族で1枚づつ持ち歩いていれば室内への避難が出来なくても夜を明かせられます。

震災後は停電などでエアコンなど暖房が止まるので、考えただけでもゾっとしますよね。。


食料や飲み物の対策は皆さんされておられますが、住環境的な視点から記事にしてみました

(^^)



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)