【最幸ビジネスモデル】狙わず結果を出す。 - 新規事業・事業拡大全般 - 専門家プロファイル

星 寿美
プラウドフォスター株式会社 代表取締役
東京都
経営コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:新規事業・事業拡大

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

【最幸ビジネスモデル】狙わず結果を出す。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 新規事業・事業拡大全般

 【最幸ビジネスモデル】  2013.11.18 No.0742
===========================

振り返ってみれば、
ちゃんと法則に則っているけれど
やっているときは無意識。

という事が
友達との話の中で
それはそれは、たくさん出てくる。

たとえば、
私は起業したての頃、
仕事を頼まれれば
「はい!出来ます。」と請けて
それから、それはもうー、
必死で勉強したり調べまくったり
資料を作ったり、足を運んだり
ありとあらゆる事をやって
何食わぬ顔して
「これでいかがでしょう?」
と提出したりしていた。

その内容を気に入ってくださって
次の仕事に繋がったり
紹介を頂いたりして
その都度、
「任せてください!」くらいの勢いで
請けてから、必死こいて・・・
を繰り返し、仕事を作ってきた。

それで、なんとか「最初」を動かし、
2年ほど続けて今度は
自分の直感が「なんか違う」と感じたら
それが、どんなに条件が良くても
潔く断った。

最初に断るときは怖かった。
これで信頼を失って
仕事がなくなってしまうのでは?
と思ったから。

けれども
断った方が信頼が増し
もっといい仕事が舞い込む事を実感した。

今では、本当にしたい事だけを
仕事にしている。

こんな事を、
振り返ってみれば、
すべて天然でやっている。

そして、この一連の流れは
すべて「引き寄せの法則に則っている」
と友達が教えてくれた。

また、
私は独身の頃から「あー、幸せだね」とか
「生きているって素晴らしいね。」
というのが口癖だった。
それが古いフロ無しアパート暮らしで
本当に心通う友達もいず、
がむしゃらに生きていた、
あの時代の口癖だった。

その時には
口癖の習慣がどう・・・というような
本も出ていないし、
社会もそうではない時代。

呑みの席で友達に真似される程
それが口癖だった。
本人は天然で無意識。
言おうと意識して言った事は一度もない。

けれども、
口癖が現実を変えるなどの法則に
ぴったりとハマっている。

集客にしろ、
コンテンツ作りにしろ、
天然で無意識だから、
まったく狙っていない事が
結果的に、うまくいく法則に則っている、
と言う事は、まだまだ非常に多い。

それで、
こういう法則は、

 結果を狙ってしまうと、
 うまく行かない事も多いが
 狙わずにやっていれば、
 法則に則るのではないか?

 法則って
 結局は本質ではないか?

 狙わずに
 ただ、愚直なまでに
 自分にまっすぐ、
 その瞬間の自分を生きれば
 それ自体が本質となるのでは?

などと、友人との会話で感じた。

まだまだ、たくさんあるのだ。
まったく狙わずに
結果的に法則に則っているね、
という事が。

狙って結果が出るタイプと
狙うと外すけれど、天然で結果を出すタイプが
いるのかもしれない。

私は、とことん、
狙うと外すが、狙わないとうまく行くタイプ。

笑いも然り。

笑いを取ろうと思うと、すべて外すが
本人は普通にしている時にウケる。
私はなぜ、みんなが笑っているか
まったく分からないが
ウケさえすりゃ、それでいい(爆)

まぁ、
どんな時も結果オーライな人生で
有り難い。

___________________________
■今日のまとめ

狙って結果が出るタイプと
狙うと外すけれど、天然で結果を出すタイプがいる。
 
---------------------------

このコラムに類似したコラム

【最幸ビジネスモデル】過去の成功体験に捉われない。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/14 18:10)

【最幸ビジネスモデル】本当の事を外に出せば。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/13 08:43)

【最幸ビジネスモデル】楽しく仲良くね。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/11/01 10:34)

【最幸ビジネスモデル】私たちが侵略者。 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/07/23 13:42)

【最強ビジネスモデル】生きる力とは? 星 寿美 - 経営コンサルタント(2013/01/10 08:11)