「ふじようちえん」見学 その1 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ふじようちえん」見学 その1

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

先週の土曜日、建築士会デザイン研究会の建物見学会に行ってきました。


(専門家プロファイルからご覧のかたはこちらから↓)

http://ameblo.jp/yasuragi-kaigo/entry-11660909248.html


「ふじようちえん」


ディレクター:佐藤可士和さん 

設計: 手塚貴晴さん手塚由比さん

2007年竣工 2008年度日本建築学会賞作品賞


幼稚園という概念で見学するのではなく、介護福祉分野にも当てはまるデザインを自分なりに学んできました。


建物は中庭のある楕円形の平屋で、屋上が回遊できるデザインは 認知症の患者さんがおられる施設にも良いと思います。


中庭からみた風景








屋上は木フロアで1周できるようになっており、高齢者施設などにおいて屋内廊下で回遊できるところはあっても、季節を感じることができる屋外のほうが生活にメリハリが出ると思いました。



楕円形状において、木目の向きが気になりスマホの方位磁石アプリで観ると




ほぼ南北方向で張られているようでした(^^)


外周部・内周部は窓で囲まれているので、縦樋が邪魔になるから雨水の処理法を見てみると





井戸状の部分へ滝のように演出する考えは素晴らしいですね




屋上部分には、天窓や照明 換気口のボックスが露出してますが、あえてフェンスで囲まないところが広さを演出してくれますね。







開口内部に安全ネットが装備されてます




換気設備はボックス処理されてました




画像が多いので続きは明日へ(^^)



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)

このコラムに類似したコラム

「ふじようちえん」見学 その2 斉藤 進一 - 建築家(2013/11/12 01:30)

高知県高知市へ! 斉藤 進一 - 建築家(2013/12/04 18:18)

愛媛県から高知県へ! 斉藤 進一 - 建築家(2013/12/03 23:40)

島根県雲南市へ! 斉藤 進一 - 建築家(2013/11/15 23:54)

サッカー ナビスコ杯決勝へ 斉藤 進一 - 建築家(2013/11/03 23:44)