総合福祉相談会参加へ - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

総合福祉相談会参加へ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

今日は、社会福祉士会における総合福祉相談会に協力者として参加してまいりました。


結論から言うと私の「建築」系の出番はありませんでしたが、各分野のエキスパートが集まれる機会は少ないので、いろいろと参考になりました。


今回、特に感じたのは 幅広い福祉分野全体を知っているより、「専門分野」を持っていたほうがニーズに合わせやすいということ



他の領域を専門としているかたが沢山居られるので、各々が網の一部になって、全体を包み込むセーフティーネットに成り得るものだと感じました。



個人的感想としては、県中心部で開催するのも良いですが、こちらから県南・県北などに出向いて、より地域の方(介護従事者と利用者さん)が来やすい環境を作り出すのも面白いと思いました。


専門職側は質問するにもプライドがあってなかなか足を運んでくれない状況も考えられます。


第一部に著名人の講演を入れ、流れで相談会に持ち込む 定番の手法もありかもしれません

(^^)



facebookなどでは日々、イベントなど集客のための招待(お誘い)を数百人単位に送信しているものを見かけますが、参加者はその1/10程度というケースが多々ありますよね。


イベント内容の良さが伝わらない、日時の設定にムリがある、会費が高すぎる等など原因は様々なので、何が原因か見極めることが大切です。


PDCAに当てはめてチェックすると、次回はより良い内容にすることが出来ると思いますV




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

2017年の祝日は。。(2016/12/05 00:12)

休日の音楽(2016/12/04 00:12)

チャンピオンシップ決勝(2016/12/03 00:12)

このコラムに類似したコラム

狭山市でのイベント用の模型を制作中です 栗原 守 - 建築家(2015/07/09 09:38)

街の中で倒れている人に近づかない人は家を建てるな 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/06/03 18:02)

親バカでいい。親バカで何が悪い? 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/05/29 13:24)

上棟から屋根野地板 松永 隆文 - 建築家(2014/03/28 18:41)

自分に合う家があるはずだと思ってネットを探しまくる 松岡 在丸 - 建築プロデューサー(2014/01/20 12:00)