睡眠習慣は幼少期の環境から - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

睡眠習慣は幼少期の環境から

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

人によって良く眠らないとダメな人と、短くても平気な人がいますが 睡眠習慣は幼少期の眠り方・環境が身体に染みこんでいるそうです。



夜遅くまで親と一緒におきている子供や、寝室の環境が人の気配を感じたり外部の騒音で落ち着いて眠れない経験をしてきた子供は大人になっても「長い時間眠る」ことが苦痛になったりします。


逆に、朝陽が入らない位置に寝室がある環境で育ったりすると 朝起きることが苦手になったり、長時間寝ないと調子が出ない体質になるようです。



私はどちらかというと後者のほうで、睡眠時間は7-8時間とらないと調子が出ませんし、休みの日は昼過ぎまで寝ていても平気な体質です。


小学生のころは夏休みのラジオ体操に出席し、帰宅してからまた寝ていた覚えもありますw



一度、目が覚めると二度寝は出来ないというかたは前者のタイプだと思います。



新築住宅において、寝室の位置を「寝るだけだから北側に」というかたも居られれば、「朝陽を感じて起きたいから東~南側に」というかたも居られます。


ライフスタイルがいろいろなので、どちらがオススメというわけではありませんが、リビングより寝室の位置を重要視することもアリなのが介護福祉建築です(^^)





寝すぎはバカになる?驚きの新事実が脳化学研究で判明―米コロンビア大学
「脳」と「眠り」の関係を探るべく、今日までを実に多くの研究員たちが実験を行なってきました。今回は、米..........≪続きを読む≫

[アメーバニュース]

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

今年の語学状況(2016/12/10 00:12)

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

高齢者の事故(2016/12/06 00:12)

このコラムに類似したコラム

机と本棚 吉田 武志 - 建築家(2013/07/23 14:07)

手足口病・脱水・熱中症 斉藤 進一 - 建築家(2013/07/13 14:38)

リビングと家族 福味 健治 - 建築家(2013/03/01 09:02)