リビング・ダイニングの変化 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リビング・ダイニングの変化

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
ちょこっとコラム

住宅が「工業製品化」してからは、リビング・ダイニング・キッチン(LDK)は広いほど羨ましがられたりしますが、近代の生活において「家族がリビングに介してくつろぐ時間」は1週間にどれだけあるでしょうか?


父親は残業、中高生は塾・部活で家族の生活の時間帯が分かれているご家庭が大半です。


かつてはテレビが一家に一台の時代でしたのでリビングに集まって観ていましたが、現代はスマホやPCで観るようにもなったので、リビングの使い方が変わってきたと感じます。

ダイニングは唯一、食事をする場所として重要ですので、こちらに主眼を置くべきですね!


リビングを主と考えてしまうあまり、肝心な居室空間がとれずに、子供部屋の相部屋化や親の寝室がリビングだったりと本末転倒な住宅も見受けられるようになりました。

パーティーで来客の多いお宅は別ですが、広大なリビング空間を水周りや居室に充てて「終の棲家」に連動できる配置計画も今後の新築住宅には必要な時代ではないでしょうか。



カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「ちょこっとコラム」のコラム

国際福祉機器展(感想)(2017/10/02 16:10)

RC-Z工法 初体験(2017/09/04 19:09)

次世代建築設計事務所へ(2017/08/28 08:08)

8月度YAHOO!知恵袋への回答(2017/08/21 07:08)

このコラムに類似したコラム

部屋の大きさはどれ位が適正? 福味 健治 - 建築家(2012/09/28 08:14)

キッチンから見るアングル 松永 隆文 - 建築家(2011/03/29 17:00)

外の風景をとりこむ 山崎 壮一 - 建築家(2010/12/04 10:27)

中庭のある家。間取りとプラン集。 加藤 幸彦 - 建築家(2010/11/04 17:01)