手足口病・脱水・熱中症 - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

手足口病・脱水・熱中症

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

今週は全国的に暑かったですね。


埼玉県では「手足口病」の感染率が高まっているため、手洗い・うがいの実行が重要になっています。


また、室内に居ながらの「脱水」 「熱中症」による救急搬送も増加しているため、体力のないお年寄り世帯こそ、冷房による福祉環境が必要です。


高齢者層は冷房を嫌う


これはエアコンの位置を安易に設定してしまった我々 建築分野に携わるものの責任かもしれません。



お年寄りのかたのADLを観察すると、就寝時のベッド(ふとん)かリビングの決まった場所のどちらかで一日の大半を過されています。


その場所の温度環境を整備すると同時に、風向きが直接当たっていないか、廊下やトイレなど他の場所との温度差が激しくないかなど、日中と夜間の住環境観察ができれば しっかりとしたサポートが出来ると思います。



エアコンを使わないことが省エネへの貢献 という間違った発信をせず、「冷やしすぎない」ことを心がければ最近の電化製品自体が省電気量になっているので問題ないと私自身ふれ回っております(^^)


スーパーやデパートなどの商品品質管理と空調管理システムが整えば、住宅よりも省エネ効果が発揮されるのではないでしょうか。




カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

Guns N' RosesとBABYMETAL(2017/01/29 00:01)

このコラムに類似したコラム

睡眠習慣は幼少期の環境から 斉藤 進一 - 建築家(2013/10/21 23:44)

台風の爪あと 斉藤 進一 - 建築家(2013/09/16 23:12)

総合福祉相談会のお知らせ 斉藤 進一 - 建築家(2013/09/15 23:58)

机と本棚 吉田 武志 - 建築家(2013/07/23 14:07)