女性ホルモンがなくてもー10歳の若さを保つREIKOレシピ - ダイエット法・理論 - 専門家プロファイル

林田 玲子
スカイダイエット sky-diet 代表
東京都
ダイエットカウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

女性ホルモンがなくてもー10歳の若さを保つREIKOレシピ

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ダイエット法・理論
ダイエット
ダイエット効果をあげるために、ハーブを活用することをお勧めします。
活用することで、体重減少が楽になります。
なぜなら、ハーブが糖の吸収を阻害してくれるからです。

糖の吸収を阻害するハーブには様々なものがあります。
REIKOレシピで紹介した「マルベリー」 
食前30分前から飲むことでさらなる効果を発揮してくれます。

デオキシノジリマイシン(DNJ)という成分に食事から摂った糖分の分解と吸収を防ぐ働きがあるのです。
また、マ
ルベリーにはビタミンC,ビタミンB1,ビタミンB2,ビタミンA,亜鉛,鉄,マグネシウム,カルシウム,食物繊維,各種フラボノイド,カロテン、γアミノ酪酸などが含まれています。カルシウムは小松菜の1.5倍、鉄は小松菜の15倍、βカロテンはほうれん草の10倍も含まれています。すごい!

この他に、「ギムネマ」

ギムネマ酸は小腸から糖分の吸収だけを抑制します。血糖値が下がり、インスリンの分泌も少なくなります。ちなみに、血液中の血糖値を下げる唯一のホルモンがインスリンです。インスリンが出なければ、糖は吸収されません。
しかもギムネマ酸は必要以上には血糖値を下げません。未消化となった食物は食物繊維と似た働きをし、便
解消してくれます。

かし、何事も飲み過ぎはよくありませんよ。脳のエネルギーは”糖分”のみ。よく受験生が勉強の合間に飴を舐めますね。あれは、脳のエネルギーを補給しているのです。
また、マルベリーは飲みやすいのですが、ギムネマは好き嫌いがあるかも・・。
飲みやすい・栄養豊富な点を考慮して、マルベリーをお勧めしています。
さらに、ハーブはサプリメントと異なり、ピンポイントで栄養素を補助しているわけではありません。また日本では雑貨扱いなので、”効能がある!”とは言えないのです。

でも実際は様々な効能があります。
効能だけでなく、ハーブティーの味を楽しんで頂けたらと思います。
さらにドライハーブより、生のハーブをお勧めします。遥かに爽やかで味わい深いです。
緑茶を育てる・・となったら大仕事ですが、ハーブならマンションのベランダでも気軽に育てられますね。キッチンでもOKです。
是非、ハーバルライフを楽しみながら、ダイエットをゆっくり成功させましょう!

このコラムに類似したコラム

1日100gダイエット 痩せるハーブでダイエット 林田 玲子 - ダイエットカウンセラー(2013/09/15 20:17)

逆ブレスで痩せ体質に変身して代謝UP! 林田 玲子 - ダイエットカウンセラー(2013/09/07 17:02)

美魔女み~ちゃんの貧血 福島 多香恵 - ピラティスインストラクター(2013/07/04 15:17)