パッティングのときにおススメのピラティス呼吸とは!? - 各種のヨガ・ピラティスレッスン - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
田中 宏明
田中 宏明
(ピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2020年04月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

パッティングのときにおススメのピラティス呼吸とは!?

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. 各種のヨガ・ピラティスレッスン
ゴルフピラティス

こんにちは。ゴルコア(港区芝大門)代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

お客様から「ゴルフピラティスの呼吸でパッティングが安定した」というご報告をいただきました。

 

今日はパッティングのときの呼吸のポイントをお伝えしたいと思います。

1.何度か深呼吸をして身体全体をリラックスさせましょう。

2.ボールの前でアドレスを作ります。このときに左右の肩甲骨を背骨に寄せるようにしてから構えてみましょう。

うまくいかない場合は両腕を胸の前に伸ばします(掌をうえにしましょう)。その両腕をぐるっと頭の上に伸ばしてそのままぐるっと回して腕が身体の横にきたところでストップ。

こうすると自然に左右の肩甲骨が背骨によって脇がしまります。この状態でパターを握りましょう。

3.どこを狙うかコミットしたら、鼻から息を吸って口から息を吐きながストローク。

このときに息を吐きながら始動はお腹&肩甲骨です。手から(ヘッドから)動かさないことが大切。

ふーっと息を吐きながら身体の中心からストロークしましょう。

 

フット息を吐きながらストロークすると、無駄な力が抜けてボールに集中できます。

いきなりボールを打つのは難しいので、まずはボールなしで素振りから練習していきましょう。

 

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

-ゴルフの体幹トレーニング-ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

Web:http://golcore.com

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX:  03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Blog:ゴルファーのためのカラダづくり『ゴルフピラティス』

このコラムに類似したコラム

リズムよくパッティングできるようなエクササイズとは!? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/20 16:58)

パターもリズムが大切! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/18 17:46)

メンタルも強くなる!!パッティング&呼吸 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/09 19:42)

ゴルフピラティスの呼吸でパッティングが安定 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/05 20:17)

肩甲骨を寄せてパット数を減らしましょう! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/06/15 14:20)