学生時代の友人は本当に大切な存在なんだと改めて感じた件 - コラム - 専門家プロファイル

野村佳代
出版/広告プロデュース〜企画・ライティングからデザイン・印刷まで 株式会社アスラン編集スタジオ 代表取締役
ライター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

学生時代の友人は本当に大切な存在なんだと改めて感じた件

- good

物書きとして思う、つれづれ
実家で息子と二人、遊んでいたときのこと。
車の音が近づいてきたかと思うと、去って行く音がする。

実家は行き止まりの一番奥にあり、住人以外の車は通らない。

あれ? 誰だろう?

そう思っていたら、
しばらくして玄関先で父が誰かと争う声がしてきた。

帰れ!
お前なんかは知らん!
なんで来た!


ただ事ではない雰囲気に、おそるおそる玄関へのぞきに行くと、
そこには父の大学時代の友人Kさんがいた。

あれ? Kさん。うわー、久しぶりですね。
なんでケンカしてるんですか?


声をかけてみると、Kさんが私に助けを求めてきた。

どうやら父が「お前とはもう会わない」と言い張っているらしく、
電話しても約束してくれないから、直接、やって来たと。

会いたくないのは、
Kさんがドクターストップでお酒が飲めなくなったからだとか。

が飲めないお前と会ってどうするんだ?

が父の主張。

すると、Kさんが私に苦労話を始めた。

同窓会の帰り道に脳梗塞を起こし、
血だらけで倒れているところをタクシーの運転手に発見され、
救急車で運ばれたと…。

生死の境をさまようこと数日。
「命の保証はできない」「助かっても後遺症が残る」と言われたものの、
奇跡的に息を吹き返すことができた。
その後、半年近くも入院して、今は3か月リハビリ入院、3か月自宅という生活。

麻痺は医者の見立てより少なかったものの、
リハビリは辛く、何より大好きなお酒が飲めなくなってしまった。

退院している3ヶ月の間に、旧友(父)と会いたいのに、
父は会ってくれないと涙目で語るKさん。

もう車も運転できないから、今日はタクシーで来たと。


私も思わずもらい泣きしそうになりながら、
お父さん、お酒が飲めなくても話はできるでしょう。
会ってあげればいいじゃない。

そう助け船を出すと、父は違うと切り出した。

お前の話は嘘ばっかりだ。
脳梗塞じゃない。こいつは酔っ払って転んだだけ。
転んだときに頭を打って、酒が飲めなくなったんだよ。
都合のいいように話をするな。



え? そうなのKさん?
そういえば脳梗塞じゃ血だらけにならないよね…
脳挫傷ってこと?
あれ? 私、似たような話を何年か前に聞いたような…



ああ、そう、そう。こいつは5年くらい前にも
酔っ払って階段から落ちて、救急車で運ばれたんだ。
そのときはすぐに気がついたけれど、
荷物もどこかに落としていたらしくて、
身元証明ができないから、警察が奥さんに電話したんだよ。
奥さんは「そんな人知りません」って、
すぐに迎えに来なかったらしいけどw



……クズだ……
ほんと、クズだわ…


そんなこと言わないでよ、かよちゃん~~
お父さんにオレと会うように言ってよ~~~


Kさんが懇願するので、仕方なしに

まぁクズ同士、仲良くすればいいんじゃないかな

と言い捨て、二人のもとを離れたのでした。

ちなみにKさんは、しばらく父とケンカして帰って行きました。


何だかんだ、父はKさんを自宅に送り届けるために車を出すんですけどね



母が帰宅後、聞いてみると、
どうやら3か月の自宅期間中、必ず1度は同じ事が繰り返されるそうで…。

Kさんは会えない、会えないって言ってたけど、
けっこう会ってるよねぇ?

と母に聞いたら、

入院期間中は、文句を言いながら父がお見舞いに行くらしく、

けっこうどころか、頻繁に会っている

ことが判明


そしてその日の夜、
父は学生時代のKさんの失恋話

面白おかしそうに語っていました。

ちなみに失恋の原因は、期待に違わずお酒です。


ほんと、クズだわあ。



このコラムに類似したコラム

誰でも簡単にオーラを見る方法 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/09/13 23:20)

我が子を自分の手で救えるという有難み 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/07/11 22:41)

イケメン風店員の失態 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/03/01 08:47)

友人から繋がった不思議なご縁 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/02/26 09:07)

心の病気に気付かない人達 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/11/09 08:09)