「110%と1.5% トクなのはどっち?」 /札幌のFP事務所Mクリニック - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

小川 和哉
Mクリニック 代表
北海道
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
上津原 章
上津原 章
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)

閲覧数順 2017年09月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「110%と1.5% トクなのはどっち?」 /札幌のFP事務所Mクリニック

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
いつもコラムでお世話になっております、「楽天の保険ニュース&リサーチ」で、「110%と1.5% トクなのはどっち? 」という記事を書かせていただきました。



昨年末からの円安株高の影響からか(?)、資産運用を始める方が増えています。

しかし、実際にどの商品で運用しようかと選ぶときに、色々な用語の壁が立ちはだかります。

金利、利回り、利率、返戻率・・・、どれも預けたお金に対して戻ってくる割合に関する用語ですが、条件を統一しないと単純には比較できません。

見た目の数字が大きくても損な場合もあれば、小さくても得な場合もあります。


どんな商品でもそうですが、比較検討する際には条件を揃えることが大切です。

┏┏┏┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┏┏┏  HP      : Mクリニック
┏┏   facebook : 幸せになれるFP事務所
┏     ブログ    : Mクリニック公式ブログ
┃      メルマガ  : Mクリ通信

┃   ご意見・お問合わせ先 : info@mclinic.jp
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このコラムに類似したコラム

資産運用(3)運用のキーポイント(保険の見直し・山下FP企画・西宮) 山下 幸子 - ファイナンシャルプランナー(2015/05/20 08:41)

金融市場の動向を読み解く 講師真壁昭夫氏(東証アカデミーより)後編 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/25 11:00)

マイファンド8月運用レポート、当月ベンチマークを0.2pt下回。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/09/30 10:00)

国債の長期金利の変化は株価以上です 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2012/05/21 16:00)

投資は勝つことよりも、大きく負けないことのほうが大切 久保 逸郎 - 老後のお金の不安解消アドバイザー(2017/02/10 14:58)