解雇事件のポイント - 民事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)

閲覧数順 2017年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

解雇事件のポイント

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

解雇

・職場復帰型

・金銭解決型(解決金の額の目安なども事前に検討)

・労働審判では、職場復帰型の解決は難しい。

・職場復帰を目指すのであれば、本裁判(+仮処分)を選択したほうがよい。

[ポイント]

・解雇理由証明書、解雇の際の使用者の説明から、解雇理由を特定する。

・使用者の業種、事業内容、規模、事業所の数、従業員数

・労働者の労働契約の内容、職種、採用の経緯、雇用契約書

・就業規則

・解雇の経緯

・事前の交渉経緯

・能力不足解雇であれば、使用者の査定がおかしい(解雇に値する能力不足ではない)、能力改善の機会が与えられていない、解雇回避の措置が取られていない、

・合意退職の場合、退職日を調停成立日など、いつにするか(雇用保険・年金・健康保険などに影響する)と退職理由(会社都合か自己都合か)(失業手当に影響する)

・和解の場合、他の従業員に対する影響

このコラムに類似したコラム

時間外・割増賃金・残業代の基礎、その1 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/11 11:19)

整理解雇者の人選の合理性 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/10 17:26)

整理解雇手続の相当性 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/10 17:37)

整理解雇(人員削減)の必要性 村田 英幸 - 弁護士(2013/07/10 15:02)