問われる旅行代理店の社会的価値 - 広報・PR・IR全般 - 専門家プロファイル

中村 英俊
株式会社第一広報パートナーズ 代表取締役 広報コンサルタント
東京都
広報コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:広報・PR・IR

中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
中村 英俊
中村 英俊
(広報コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)
採用広報プランナー 白井 千絵
(採用コンサルタント)

閲覧数順 2017年08月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

問われる旅行代理店の社会的価値

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 広報・PR・IR
  3. 広報・PR・IR全般

富士山が世界遺産に認定され、本日山開きを迎えました。


これを機に再度富士登山を楽しむ方、或いは世界遺産だから一度は登ってみようという方も多くおられるでしょう。また報道によると外国人の姿も多く見られ、富士山観光が活発化されることは明白な事実だろうと言えます。


しかし多くの登山客が訪れることで環境破壊や宿泊施設に泊まらずに徹夜で登山を行う弾丸登山客の危険などが懸念されています。


実際、徹夜で登山を行う者や雪のために進入禁止のコースを注意も無視して強行突破する者、不法投棄された多くのゴミなどが連日報道されています。


極めつけは外国人登山客。


短パンTシャツなどの軽装、普段着にも驚くが、インタビューに答えていた外国人登山客は世界遺産登録された富士山に登りたくて来た訳では無く、単にツアーコースに入っていたから来た、富士山が世界遺産に認定された事実は知らなかったご様子。


富士山が世界遺産に登録されたことで旅行代理店にとってみれば、相当数の売り上げが見込まれることから販促活動に勤しまれることと思います。


しかし富士山を十分知っているはずの日本人の若者でも安易な普段着で富士山に入山するいま、外国人が富士山に関して十分な知識を得ているとは思えず、安易な格好で寒い思いや危険な体験をすること容易に想像でき、比較的マナーが良いとされている日本人でさえ富士山の環境が守れていない中に富士山に何の愛着も持たない外国人観光客の到来で環境破壊も格段に進むことは明白な事実だろうと思います。


その際、単に売上や収益目的で富士山を活用した旅行代理店に罪はないのでしょうか?間違いなくやり玉に挙げられるのでは無いでしょうか。


旅行代理店は自社の利益確保のために富士山を単なる販促ツールに使うのでは無く、如何に共存共栄できるかを十分に考える必要があるだろうと思います。


業界で旅行客数を抑える自主規制を行うなり、自身で持ち込んだ以上にゴミを持ち帰る、弾丸登山のプランは組まない、富士登山の危険性や環境破壊などに関して十分な啓発活動を行って初めて社会的にも認められるのではないでしょうか。


旅行代理店は富士山を単に換金するためのアイテムにするのか、後世にも世界遺産として残していくのか、経営の意思を入れていく判断が求められているのだろうと思います。


目先の利益に囚われず、社会的な価値や意義などを客観視して考えていくのも広報の重要な考え方だろうと思います。

クリックをお願いします!
















 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

謝罪会見を行うことの罪 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/05 09:17)

非上場企業の決算発表 重要なのは継続性 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/09/03 10:01)

リリースの一斉配布の条件 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/07/26 09:19)

癒しのマイブーム 採用広報プランナー 白井 千絵 - 採用コンサルタント(2013/06/27 12:00)

"最近の若者は…"と思う人は広報には向かない 中村 英俊 - 広報コンサルタント(2013/03/08 11:50)