プログラムの著作物の定義 - 民事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)
東郷 弘純
(弁護士)

閲覧数順 2017年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

プログラムの著作物の定義

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

プログラムの著作物

 

著作権法

 

 プログラム とは、「電子計算機を機能させて一の結果を得ることができるようにこれに対する指令を組み合わせたものとして表現したもの」をいう(著作権法2条1項10号の2)。

 プログラムの著作物は、著作物として、例示されている(著作権法2条1項9号)。

 プログラムの著作物に対する著作権法による保護は、その著作物を作成するために用いるプログラム言語、規約及び解法に及ばない。この場合において、これらの用語の意義は、次の各号に定めるところによる(著作権法10条3項)。

一  プログラム言語 プログラムを表現する手段としての文字その他の記号及びその体系をいう。

二  規約 特定のプログラムにおける前号のプログラム言語の用法についての特別の約束をいう。

三   解法 プログラムにおける電子計算機に対する指令の組合せの方法をいう。

このコラムに類似したコラム

写真の著作物 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/11 15:46)

著作権法の「引用」 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/08 13:15)

著作物の同一性、複製と翻案の区別 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/07 20:41)

著作権法判例百選、建築の著作物 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/10 12:15)

著作権法判例百選、映画の著作物 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/09 14:04)