写真の著作物 - 民事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

加藤 俊夫
加藤 俊夫
(司法書士)

閲覧数順 2017年02月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

写真の著作物

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 民事事件

写真の著作物

 

被写体について別途著作権が成立する場合と、被写体について著作権が成立しない場合がある。

被写体について、別途著作権が成立する場合には、被写体そのものの著作権と、それを撮影した写真の著作物の著作権とは、両者の著作権を区別して考える必要があろう。

また、自然、風景など、被写体に著作権がない場合には、写真の著作物についてだけ、著作権を考えればよい。

写真の著作物について、被写体が同一であっても、構図、露光、光線、陰影のつけ方、背景、撮影速度などについて、表現上の創作性がある場合には、著作権が成立すると解される。なぜなら、著作物とは、文芸・学術・美術などの範囲に属する思想・感情の「創作的表現」だからである(著作権法2条1項1号)。

写真の著作物は、著作物の具体例として、挙げられている(著作権法10条1項8号)。

このコラムに類似したコラム

プログラムの著作物の定義 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/13 15:40)

写真の著作物2 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/13 11:46)

著作権法の「引用」 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/08 13:15)

著作物の同一性、複製と翻案の区別 村田 英幸 - 弁護士(2013/06/07 20:41)

著作権法判例百選、建築の著作物 村田 英幸 - 弁護士(2013/12/10 12:15)