自分の居場所を知らない船 - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自分の居場所を知らない船

- good

徒然日記

あなたは今、人生という船旅をしています。

まだ目的地の定まっていない船旅です。

ところが船に乗っているという自覚はありません。



陸の近くを通ると、陸が動いているように見え、その陸を目で追いながら、何とか自分も辿り着こうとしています。

しかし、平行に走っている船は陸地に辿り着くことはありません。

自分の足元を見れば自分が動いていることはわかるのに、外ばかりに目がいくので、まさか自分が船に乗っているとは気付かないわけです。



船に乗っている自覚すら無いのだから、ましてや船を自分で動かせるなどとは思いもしません。

自分を知らないというのは恐ろしいことで、ただ世間という波にまかせて動かされているだけの状態です。



船から海を見たら丸い水平線が目に映り、「あぁ、なるほど。海は丸いものなのだ。」と思っています。

ただ海といっても様々な形をしています。

魚からすれば広大なシェアハウスであり、宇宙から見れば、神の宝玉のようでもあります。

丸く見える海も、現状のあなたから見た目線からそう見えているだけであって、本来の姿というものは、どこかに区切りがあるわけでもありません。



ある時、あなたは船を自分で動かせることに気が付きます。

大きな喜びを得たあなたは、昔見た陸地を目指して向かいます。

ところが、船を陸地に上げることが出来ません。

何度チャレンジしても自分が傷つくばかり…。



どうして陸に上がれなかったかというと…。

そう、あなたは船そのものだったから。



魚が水から上がったら死んでしまうように、あなたは陸に上がることも、水の中に潜ることも、空を飛ぶことも出来ません。

魚は海を自分の住み家と知っていて、その中にいるからこそ、自分の命を真っ当することが出来ます。

それが不自由かというと、そうではありません。



だけれども、それを不自由と感じ、陸を目指し、空に憧れ、自分の改造を願っている…。

果たして自分の生きる道はどこなのか?

不自由だと感じさせているのは誰なのか?



真理を知らない人間というものは、この船と同じ。

自分を知ろうともせず、今いる世界の他に幸せがあると願っている…。

自分を知り、今いる場所を知ることから全てが始まるんです。

外に求めれば求める程、真理から遠ざかるんですね。



自分を知るということは自分を無くすことなのだけれども、自分が無くなった時にこそ本当の自分が見えてくる…。

そういうものなんです。

自分の姿に気付いてもいない状態では、まだ旅を始める段階にすら至っていないということです。



「外ではなく内を見る!」

強く強く、それを伝えたい気持ちでいます。


※メールマガジンだけでしかお伝えしないお話しもあります!
見方革命家まーくのメルマガ登録はこちらです♪



このコラムに類似したコラム

人間は愛と自由の存在である! 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/06/16 08:00)

自由を制限して縛り付けているものの正体 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/03/05 10:41)

自分の芯は他人のために! 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/10/14 10:36)

三大欲求を超える本能とは? 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/09/23 15:30)

自然の流れを塞ぐもの 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/10/03 21:33)