自由を制限して縛り付けているものの正体 - コラム - 専門家プロファイル

池本 真人
Div Design Webサイトの一級建築士
東京都
Webプロデューサー
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自由を制限して縛り付けているものの正体

- good

徒然日記

「しがらみから抜け出して自由になりたい!」

こういうお話しはよく聴きますし、少なからず誰しもが思うことなのかもしれません。



禅宗の始祖と呼ばれる達磨大師から始まり、第二祖の慧可(えか)、僧燦(そうさん)、道信(どうしん)…と続いていくのですが、第三祖の僧燦の所に14歳の道信が訪れて礼拝し、次のような問答がありました。



「私に解脱の法門を授けては頂けませんでしょうか。」

「誰が汝を縛っているのか?」

「自分を縛っているものは何もありません。」

「それならば、どうして解脱を求める必要がある?」


僧燦の言葉を聴いた道信は、14歳にして大悟したと言われています。



「悟りたい。」

「自由になりたい。」



そんな言葉を聴きますが、僧燦と道信の問答からもわかるように、自らを縛って身動きを取れなくしているのは自分自身なんですね。

その縛っている対象は何かと言うと、地位、名誉、金銭、異性などの欲望です。

自我の強い生活が自由を奪い取っているんですね。



解脱というのは、執着・渇愛・煩悩が無くなった状態を言うのですが、別の言い方をすると、本当の意味での自由ということになります。

そこで自由を求めようとするのですが、自由や解脱というものをはき違えてしまうこともあるんですね。

「悟りたい!」という強い思いが、執着となり自分自身を縛ってしまうこともあるわけです。



本来は無我であるのに、我があると思って生活をしています。

その本来無我を教えてくれるのが、諸行無常と諸法無我なのですが、意味を頭で理解しただけでは何にもならないんですね。

本を読んだり、人の話しを聴いただけでは、何も変わることはありません。

何も聖人君主になれと言っているわけでは無いけれども、本当の意味で無我ということを理解したら、生きるのが楽になるんです。



自分を縛っているものは何なのか?

誰があなたの自由を制限しているのか?

少しずつでも学びながら実践を積み重ねて、大解脱を目指していきたいものですね(^_-)-☆


※メールマガジンだけでしかお伝えしないお話しもあります!
見方革命家まーくのメルマガ登録はこちらです♪




このコラムに類似したコラム

幸せな人生を歩むために必要な二つの目 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/09/13 10:00)

人間は愛と自由の存在である! 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/06/16 08:00)

自分の居場所を知らない船 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/06/05 09:00)

相対の世界と絶対の世界 池本 真人 - Webプロデューサー(2013/03/23 09:00)

小欲を知り大欲を持つ 池本 真人 - Webプロデューサー(2012/11/02 10:18)