任意売却推進センターが相談者の方のためにできること - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年07月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意売却推進センターが相談者の方のためにできること

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

任意売却推進センターでは、
相談者の方の精神的な負担はもちろんのこと
なるべく金銭的負担が軽くなるよう配慮しています。

<引越費用>最近の債権者は引越費用は極力出さない方針になりつつあります。そこで任意売却推進センターでは長年の経験とノウハウを元に引越費用の捻出に力を入れています。また、任意売却推進センターの斡旋の引越業者なら、通常、紹介料として支払われる10%の紹介料をいただきません。その分を値引きしてもらっています。また、引越費用の一時立替払いや後払いにも対応しています。
<抵当権解除費用>任意売却であれば必ず、債権者による抵当権設定や差押などの
登記がなされています。この登記を解除抹消しなければ購入者はいません。しかし、この解除費用は本来は所有者である債務者負担なのです。そこで、任意売却推進センターでは
この費用を安くしてもらえる司法書士と提携しています。
<仲介手数料>任意売却の場合は仲介手数料は、売却代金の中から支払われますので債務者の手持ち金の持ち出し負担はないのですが、債権者との解除費用の折衝で不足金が生じたり滞納税などの差押解除の費用が足りないようなとき任意売却推進センターではこの仲介料の中から捻出します。
<ハウスクリーニング費用>任意売却の場合はその対象物件が傷んでいることが多く見受けられます。例えばペットを飼っていたり、ごみ屋敷のようになっていたりしたら売れるものも売れません。そこで任意売却推進センターにてはスクリーニングを行うようにしています。
<賃貸住宅の斡旋>任意売却をしたら、引っ越さなければなりません。身内などの住むあてのある方なら問題はありませんが、賃貸住宅を借りるとなるといろいろと制約があるものです。そこで任意売却推進センターでは敷金礼金仲介手数料無などの賃貸住宅を中心にご紹介いたします。
<司法書士や弁護士などのご紹介>債務整理や自己破産などを検討されているお客様には任意売却推進センターとの長年のお付き合いのある安価で専門の司法書士や弁護士をご紹介いたします。

このように任意売却推進センターは

相談者の負担の軽減と
任意売却がスムーズに進むように
様々なバックアップを行っています。

このコラムに類似したコラム

任意売却とは? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/12 22:14)

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

住宅ローン問題を弁護士さんや司法書士さんへ依頼した場合 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/08/13 12:24)

住宅ローン破産=自己破産ではありません。 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/03/17 13:06)

自宅にまで訪ねてきて返済を迫られます。 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/02/27 08:26)